休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

舌の先に口内炎ができた。えらい気になるな…
[PR]
# by murkhasya-garva | 2004-12-03 23:34

どっぷり。

ここには、その一日で最も印象に残ったことを書いている。
やっと、最近、本をよく読むようになった。
レポートを書かなければいけないのもあって。
それまで同居人に、本を読めと言われていたのも手伝っているようだ。
芥川の「羅生門」論考を複数読んでいるが、みんな多種多様なことを言っていて面白い。
そろそろ各人の考えの深浅も読めてきそうだ。
バイト帰りにあえて普通に乗って本を読む時間を作る。
一番集中できる。図書館よりも。
そういえば、月曜発売の雑誌を読んでなかった。ということで
ファミマでジャンプ、スピリッツ。あんまり集中できなかった。
読んだ後は頭の中がすっきりする感じ。
俺の立読みは瞑想の一種のようだ。ついでに無駄にテンションがあがる。。。

気づいた。

センサリーアウェアネスの用い方について。
アメリカの新興宗教かと思っていたが、…たぶんそれ系だろう。
これは強烈な自己暗示。
自分の身体、精神の不随意な部分をリアルに意識することによって操作する。
筋肉の動かし方、眼球の操作の仕方、
あらゆる事象に対応できるという絶対的な自信、もとい暗示。
たとえば簡単にやってみると、
自転車を手放しでこぐときに、自転車を自分の身体の一部としてリアルにイメージする。
そしてそれを用いようとする積極的な態度。
全神経を総動員して飽き足らないような希求性。ドリフトもできそうな感覚。
ただ今回はテンションがあがっていたから特別な状況と考えた方が良い。

なんか違うだろ。


明日は性格の変化について。
[PR]
# by murkhasya-garva | 2004-12-02 02:21 | ほぼ日記

濃いもの。

突然だが、内容の濃いSFも好きだし、文学界のエッジに立ってるような作品も好きだ。
京極夏彦や、夢枕獏、大塚英志も結構好きなほうだ。
外国文学ではスタニスワフ・レムというのがいて、浪人の頃にはまった。
「完全なる真空」「虚数」架空の本の書評集と架空の本の序文集。
稀代のSF作家が書くぐらいだからそう容易いものではない。
架空の本は本当に少なくとも今の知識、技術をもってしては作ることのできないものばかり。
それがあまりにも面白かった。睡眠時間は確実に減った。
あれからソラリスを映画や小説で鑑賞したが、
個人的には先2冊のほうが印象が強い。

そんなコアな本を出版しているのは、主に国書刊行会や、原書房であったりする。
平凡社ライブラリーも濃いのがある。
どうしても刺激の強いものを選んでしまうくせがある。
次はマルキ・ド・サドだ!みたいな。おいおい。

けどそんな中たまに恋愛物を読むとなんとも言えなくなる。
漫画では「ハチミツとクローバー」なんてどうでしょう。
みんなあわあわな恋をしてる。なんとも傑作。これも濃い。
村上春樹の「スプートニクの恋人」も恋愛物かな?

ものごと釣り合いが大切。
あっち系を読んだら正反対へ。こっち系を読んだら後方の彼方へ。
そして最も一般的なものを素通りしていく。
結局コアにかたよる罠。
[PR]
# by murkhasya-garva | 2004-12-01 02:04 | 活字・マンガ
はいはい。

映画観た。
スウィングガールズ

観ていて楽しくなるってのもあるもんだ。

上野樹里の役柄とか演技が微妙だったり
ストーリーが御都合主義だったり
そんなのを補って余りあるくらい。

楽しくなってくる。
十分に胸のすくものを観た。
出演が元気ええ
音楽がパワフル。
竹中直人がいい味出してる。
後半で押し切りましたね。
「この世の人間は、二種類で分けられる」か。

気持ちがいい映画だよ。
よかったああああああああああ

対立する者が殆どない。
無駄に恋愛に引っ張って行くこともない。

これが青春ですか
ええなあ

とりあえずべた褒めしときます。
薀蓄も垂れます。
ほっとけ。
[PR]
# by murkhasya-garva | 2004-11-26 02:16 | 映画

眠。

今日も映画行きます。

「スウィングガールズ」

もっと金がほしい

激眠い

レポ終わらせな。

はよせな
[PR]
# by murkhasya-garva | 2004-11-24 13:00

いやあ映画って…

今日は映画を見てきた

なんか落ち着いた

あの暗くて広くて自分の世界に没入できる空間

いいなあ

勝手に悦入ってた。

「たった今、無責任にも掴むこの栄光の感覚」。

そんでその足でバイト。

有意義であった。


今日の映画は、「2046」「砂と霧の家」

どっちも好きです。

2046は、
練りこまれているという感がありました。
木村拓哉は別に主演じゃないけど。
b0068787_2425036.jpg






一つ一つのアイテムが
何かしら象徴性を帯びているようで
不思議な感覚に陥ります。

見事に映像化された小説を「読んで」いるよう

「俺と一緒に行かないか」
何度も繰り返されるその台詞は
自らを疑わせ始める。

透明な防壁に隔てられ、それでも頻りに愛を囁く。
迷宮に踏み出していることを知りながらもなお。

人間関係の絡み具合が印象的でした
というかそれしか気づきませんでした、
というべきか。


砂と霧の家は、
一つの家をめぐって悲劇が起きる、という話。

一つの家、というのはさすがに陳腐なので
一人の女、もしくは疫病神が
巻き込んだ人間を、いつの間にか、不幸に突き落としている、
のほうがいいかな

みんなちょっと考えれば
何とかなるはずなのに
そうすることしか考えられなくて
縄を編むように、
しかしそれぞれが誰とも折り合うことなく
悲しみのスパイラルへ陥っていく。
b0068787_2283937.jpg

泣きました。
悲しすぎる。
重い。

こうやって人は
落ちていくんですね。

人物描写がリアルなんだよ。

おかげで頭痛が始まっちゃったじゃねえか
寝るしかねえ
寝ずにはおれん
んで電車で寝過ごしそうになりました、と。

まあほかの映画評見てると
つまんない、とか
主題をぜんぜん違う点から見ていたり
意外と文章で落とし所ばかり狙っていて
・・・・・・
クールやね
俺は全体の印象でしか物言いませんので
細かいとこは
あまり見ていないみたい

確かに秘密が何だったのか、とか
こんな俳優出たっけ、とか
あるけど

いいんです。
よかったああ
はい、満足しました。
[PR]
# by murkhasya-garva | 2004-11-24 02:49 | 映画

冬は

煙を吐き出すと、
煙と吐息が混じって
大量の白煙が出る。

煙は真白に
吐息は淡い白になって。

それが楽しくて、
つい何遍もふかす

喫うことを、楽しむ。


いやいやふかすなよ。
[PR]
# by murkhasya-garva | 2004-11-23 23:53

映画観たい 観たいなあ

最近寒い。めっきり寒い

私の空亡のときは近づいてる。

近づいてる、けど

もうないらしい


イ・ビョンホンの「誰にでも秘密がある」だっけ

観たい。

まだ観てないのが他にも沢山

2046 スウィングガールズ 恋の門 ハウルの動く城
海猫 血と骨 隠し剣鬼の爪

おいおいほとんど邦画だ。

やはり言わねばなるまい。

今年は邦画が大豊作である!

と。

いま、会いにゆきます

泣きそうになった

同居人が獅童は下手だといってたけど、
なかなかどうして
はまってないか?あれ

他にも今年の邦画は面白いのが多かった

笑の大学 珈琲時光 リアリズムの宿 スチームボーイ イノセンス 昭和歌謡曲大全集
スクール・ウォーズ 感染/予言 丹下左膳 幸福の鐘 きょうのできごと
赤目四十八瀧心中未遂 天国の本屋 下妻物語 ふくろう アイデン&ティティ

栄えあるトップは・・・

赤目!

世界観が物凄く濃くて良かったです。たまらん。
小説も読んだが、どっぷりきた。
ダメだけどその世界には容れられない、無能を「気取る」主人公。

重かった。


あい!先生。ウソコなのは?

いい質問ですね
ウソコなのは・・・


キャシャーン!!!!!!!
世界の中心で愛を叫ぶ!!!!

なめとんのか!!!!

紀里谷は映画作んな!
柴崎コウは出る意味がねえ!

どちらも映画をダメにした張本人達です
ちなみに着信アリも救いようがありませんでした

微妙なのが一つ。
どっちつかずの微妙賞は、
キューティーハニー。

サトエリの魅力を知るためなら、
庵野作品をコンプリートしたいなら、
ミッチーのファンなら、観て下さい。
内容は推して知るべし。
市川実日子はよかったなあ

最近いろいろ面白いと思うようになったのに
上の2作品は、度し難え

ということで、今日は映画編でした~ 
[PR]
# by murkhasya-garva | 2004-11-23 01:59 | 映画

はじめての

ちうか腹減った。

時間決めて朝起きしてると二度寝がもったいなくなる。

一日の予定にせっつかれるのは落ち着かない。気分悪い


あれですね人に見せる予定のない日記と公開日記とは
また性質が相当に違うものになってしまう。

誰か見てるのを意識して書くとやっぱり体裁を気にするんでしょうか


最近は調子いいのです。地元から帰ってきてから落ちることがなくなったような気がする

自分に対する確信、信頼、それに伴う高揚感。

落ちないというのは素晴らしいことだと。

アベレージがたとえ同じであったとしても落ちないということだけで
自分のペースを着実に掴んでいけるような気がする。

今週月曜から自分の状態を携帯にメモってました。

いずれこっちにまわします。

レジュメ書き終わったら(慌
まじ時間ねえ。やっべえ



もうすぐ冬です。

今年はどうなることやら
[PR]
# by murkhasya-garva | 2004-11-20 10:15