休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『借りぐらしのアリエッティ』(2010)
b0068787_074550.jpg
ジブリ作品は取りあえず観なければ始まらん!!
監督は米林宏昌という新人。しかも観た人が言うには「ジブリを観るつもりで行ったら残念なことになる」と。さてこれはアリエッティだったのかアリエンティーだったのか。←もうこれ消す(泣)


個人的には十分満足のいくものだった。ここには確実にジブリの世界があった。新人だというのに、ここまでの作品をよくぞ…と満足しきりだった。初めてでこれなら、十分だろう。それ以上何を求めるのか。

美しい背景、登場人物たちの何気ないしぐさ、それらは確かにジブリのそれだった。
恐らく米林監督は、ジブリの作品を仕事上であれ、さんざん観てきたのだろう。そのうえで自身の好きなジブリをいたるところにちりばめてある。たとえば草むらの中を駆け抜けるアリエッティは小トトロだし、ツタを登っていく姿はパズーやシータに重なる。母を心配して泣き出す姿はサツキに、家政婦の意地悪さはジゴ坊に。猫の鼻面に触れるのは、あれはもうトトロだろう!!他にもたくさんあった。実際に確認してほしい。

説明不足の感はあるが、作品としてのまとまりはいい。ただ、テーマとなると少し分からなくなる。それはそうだ。床下に住む小人の顛末を描くあたり、そこにどのようなテーマを求めるというのか。エコロジーとか言ってみてみてもはじまらないだろう。「テーマが分からない」だと?『もののけ姫』から毒されてきたんじゃないのか?
ここで注目すべきは、テーマではなく作品の出来だと言っておこう。そうすれば大多数の方たちが求めるものも少なからず見えてくるはずだ。

本作のほとんどは小人の視点から描かれる。彼らにとっての水はゼリー状で、粘着テープは一人分の体重を支えるに十分な強度を持っている。角砂糖やビスケットは潰して顆粒状にしてから使う。また、猫やカラスは驚異的で、なによりも人間の存在を非常に警戒している。この一つ一つの描写、そして人間とのかかわりは、普段の生活でおめにかかれないものばかりだ。そのような小さな世界に思いをはせるというのは、どのような体験なのだろう。

そこでは当たり前だと思っていることが当たり前ではない。小人たち、特にアリエッティの視点から、世界に対するその新鮮な想いがまざまざと伝わってくる。これは何と言うのだろう。小さいものへのまなざし、あるいは愛情だろうか。
このディテールこそが本作の醍醐味だろう。ジブリ作品には、これまでに他の者たちの視線が入っていた。そして、それによってあの細かな描写が生まれてきたのだと思う。

確かに、本作は小品ともいうべきものだ。あまり大きなものを詰め込んでいるわけではない。作風にしてもジブリとジブリの作品を踏襲している部分が非常に大きい。そのために、米林監督はただの一ジブリファンだと言われても仕方あるまい。しかし、彼がこの作品に自身の表現をささやかながら、しかし明らかに盛り込んでいること、そして宮崎駿を継承しようとしたことはどう考えても評価すべきだと思う。宮崎駿にはなれないまでも、米林宏昌というジブリの監督として確実にやっていけることだろう。彼が、今後もっと面白い作品を作っていくのを期待せずにはいられない。
[PR]
by murkhasya-garva | 2010-08-18 00:08

ソルト

『ソルト』(2010)
b0068787_2320695.jpg

スパイもの。007、MI、ボーン…スパイ映画というジャンルがあるのを初めて知った。






これはアンジェリーナ・ジョリーを見るための映画だろう。MIシリーズがトム様の活躍を目に焼き付けるのが目的であるように。スクリーンをまさに所狭しと動きまわる彼女の姿がかっこいい。全体的にも悪くないと思った。まず出だしだが…キーとなるエピソードを冒頭に置き、その終わりあたりで画面をフィルム上に切り取って赤いタイトルが浮かび上がる。序章という感じ。

先に挙げたように、スパイものは恐らく主役の活躍がメインディッシュなのだろう。政治的云々というのは二の次三の次と思われる。JFKの暗殺者がロシアのスパイだったという話も少し挿まれるが、これも本当に申し訳程度。さて本作の焦点となる主役・ソルトだが、彼女の活躍に面白みを与えている一つとして、その目的、意図があると思われる。そういう話で持っていこう。

彼女はいったい何のために暗躍しているのか。CIAのためか、あるいはKGBのためか。彼女の行動原理になるものが、次第に私的なものになっていくあたりで話はだんだんと面白くなってくる。この、微妙な揺れが、私にとっては、逃亡劇での派手なアクションよりも魅力的に思える。

未見の方には申し訳ないが、夫が殺された時の彼女の表情を思い出してほしい。唇と下あごが震え、今にも泣き出しそうになるところを、平然と視線を同志に向けて「満足?」と聞く。そのあとにも、報復として彼女は、きわめて冷静な表情で手榴弾を投げ、銃を同志たちに撃ちこむのだ。
つまりここでは「何をするか」よりも、「どうするか」という点が重要だと感じられる。

最後はさんざん盛り上げておいて、しかも終わりそうにない流れを見せておいて、本当に終わらせる気がなさそうな締め方になっている。あれで1話完結にしたら傑作にもなりうるのかもしれないが、本作はその選択を取らなかった。それはもっぱらアンジェリーナ・ジョリーの活躍をもっと見せるためだろう。次回作がどうなるか期待したいが、そこまでってわけでもないんだよな…。
[PR]
by murkhasya-garva | 2010-08-17 23:21 | 映画

魔法使いの弟子

久しぶりに映画のはしご。
今回は『薔薇の名前』『ソルト』『魔法使いの弟子』。
昨夜は『借りぐらしのアリエッティ』。
少しずつ書いていく予定。長文だと気力が途中で萎えてしまうので。

『魔法使いの弟子』(2010)
b0068787_21221385.jpg
『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで有名なジェリー・ブラッカイマーの監督作品。ニコラス・ケイジをやっとまともに見られるようになってきた。なんせ初体験が『8mm』だったもので、あの糞映画の主演と思うと冷静ではいられなかったという。10年以上の呪いが解けたようです。



本作は、タイトルからして聞き馴染みがある。それが何だったかは忘れていて、あまりパッとしないものだから観に行かない方向で固まっていたのだけど、周りでは面白いという者が多数。盆休み最後の日の締めくくりに選んでみた。
実際に、面白かった。何も考えずに観ることができる。

少なくとも、昨日今日観た4本の中では最もエンタテインメイント的。考えてみれば、『パイレーツ~』でも人体風化シーンや粉末結晶化シーン、そして剣戟や一対一の掛け合いなどは多用されていたし、見どころにもなっていた。これだけを取り上げて言うのもあれだけど、彼一流の演出がやはり光っていたというか何と言うか。

古代の超常能力が現代に、というテーマはこれまでに結構出回っていた。ハリーポッターだってナルニア王国物語だってそうだ。上2シリーズもそうだけど、このテーマはどうやって今と昔をつなげるかが重要なようで、分かりやすく説明してくれているのがありがたい。本作もそうだ。冒頭数分で昔話はさらっと流し、本編にもっていくあたりがとてもテンポがいい。お決まりとさえ言っていいくらいのつなぎ方だけど、あれで中身の6、7割が説明されている。いい出だしだった。

内容も想像に難くない。ヒーローものを参考にすればあらかた予想がつく。しかし、最近は志厚い青年なんてのは流行らないんだなあ。オタク(そう呼ばせている)を使っているあたり、世相が変わっているようで非常に好ましい。ではオタクは何が違うのか。何度も言われていることだろうけど、当たり前のように掲げられてきた価値観ではなく、その本人がハマっているものが十分強みになりうる、という点。優柔不断で往生際が悪いんだけど、でも彼なりのこだわりが結果的に魅力になる、と。
言ってみればいかにもハリウッド的ではあるんだけど、男根主義(マッチョイズム)が多少やわらいできている風に見えるのが個人的には好き。

そして「魔法使いの弟子」と言えば、ディズニーのアニメ。あれは何度も見ていたけど、実際に使ってくれている。このシーンをみて、何年かぶりにディズニーの元ネタを思い出したのだった。あれには思わずうれしくなってしまった。

家族連れの鑑賞にお勧めの一本。濃いものを観たい方にはすすめませんが、分かりやすくて楽しくて、息抜きにはちょうどいい作品です。続編でない(ように見せている)のもいいですね。
[PR]
by murkhasya-garva | 2010-08-17 21:22 | 映画