休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「パフューム~ある人殺しの物語~」(2007)
b0068787_12383410.jpg
パフュームはともかく、何という副タイトルだ。原作そのままです。最近の洋画のタイトルは、昔と比べて直訳、そのまま横文字が多い。本作ではおすぎや假屋崎省吾などの推薦分をノボリに載せるなど、工夫してるようですね。



“におい”―嗅覚は、映像にとって表現しにくいもの。視覚、聴覚はともかく、嗅覚、味覚、触覚の表現は監督の手腕にかかっています。なかでも嗅覚は、映像とはもっともかけ離れた感覚です。その表現方法にアタマをひねるより、省いてしまうほうが楽かもしれません。

数年前に上映されたホラー『蝋人形の館』で、においを表現しようとした部分がありました。―木々が突然、風で揺れる。若者たちはいっせいに顔をしかめる。「何、このにおい?」―たったこれだけのシーンを今でも覚えています。その「においの表現」という違和感は、逆に真実味を感じさせました。

本作では、においの表現方法として“鼻”が重要な役割を果たします。ある人は目をつぶり、口を閉じて、鼻を前に突き出してにおいを嗅ぎ取ろうとします。また、至るところで鼻を鳴らす音が聞こえます。香水をかぐ人は、鼻から訪れたその幸福に恍惚とした表情を浮かべます。では、これがリアリティをもたらすか?残念ながら、リアリティと言う点では不十分だといわざるを得ません。

「蝋人形の館」のワンシーンに劣るとは決して言いませんが、残念ながら映像で嗅覚は完璧に表現などできません。その代わり、本作では音楽、色彩、演技といった嗅覚以外での徹底した表現で、嗅覚で得る感覚を蘇らせます。ラストの群集の演技―グルヌイユの放つ香りに正気を失う人々―これは、群を抜いた迫力、本能レベルで観る者を不思議な世界にいざないます。

ストーリーも「感じる」ことを大切に、寡黙な主人公の常軌を逸した行動をじっくりと捉えています。映像勝負と言う感じです。例えばマーマレード色の髪の娘を間近で秘かに「嗅ぐ」という行為!!これはフェティシズムに通じる姿です。
また、ナレーションも控えめにしていますが、いっそ全くなかったほうがよかった。後半は特に観客が本作に没頭していきます。ごたくなんていらんのです。これは「感じる」映画なのです。

嗅覚というもっとも映像からかけ離れた感覚。これを表現するために、本作は他の感覚を総動員するような表現を実現させました。目で見る悦び、耳にする愉しみ。突き詰めるとそれは本能的欲求へつながってゆきます。身体感覚に肉薄する映像を、じっくりと堪能してみて下さい。
[PR]
by murkhasya-garva | 2007-03-25 12:39 | 映画
「蒼き狼 地果て海尽きるまで」(2007)
b0068787_1133419.jpg
「男たちの大和」に続く、角川春樹が製作総指揮に当たった作品。モンゴル建国800周年記念にあたり、あちらの国ではキャンペーンを行ったのでしょうか。本作以外にも、セルゲイ・ボドロフ監督による「MONGOL」でもチンギス・ハーンを描く作品が作られています。


個人的には「男たちの大和」と同様に角川作品は観る気はなかったのですが、前作「男たち~」に類した石原慎太郎製作の「ぼくは、君のためにこそ死にに行く」(長・・・。)や、モンゴルつながりの作品「MONGOL」(浅野忠信主演)など、比較しておきたい作品が色々出てきたので結局足を運んだのです。…かなり言い訳がましいですね。観るのに言い訳するなって話です。

本作の内容はどうだったのか。まず一言でいうと、「大きいことは良いことなのかも…」。今回はかなり自信なさげなのですが、さすがに大規模のロケを敢行、とにかくスケールはでっかく、という本作のキモはなかなかに見ものなのです。もう映画という以前に。それで映画かどうか、というと・・・ちょっとすぐには頭を縦には振れないのですけど。

ちょっとここで閑話休題。大半の映画は、リアリティと称して会話の微妙な間や感情のかすかな揺れを大切にしています。そしてそれは取りもなおさず、作品自体のクオリティとして反映されていたりします。また、この風潮は、歴史上の英雄を描く際にも、一人の人間として心の揺れを捉え、等身大のヒーローを作り上げることを目標とした作品を次々と生み出していっています。

そんな風潮に対し、「映画はエンタテインメント!!」と大前提を掲げ、角川作品はやってきたようなもの。英雄譚、オールロケと、分かり安すぎるお題目が一貫していました。しかも壮大な物語に小細工は必要ないとでも言うつもりでしょうか。皆が気合を入れて棒読みしています。会話の自然さ、なんてのは本作の重要事項ですらありません。「間」なんてどこ吹く風です。

初めはこの空気読まない感に、「ゲド戦記」以来の腰の落ち着かなさが蘇ってきます。しかし、腰を据えていると、この壮大さが沁みてくる。何というのか、角川節とも言える「血」と「義」をめぐる男のロマンみたいなテーマが前面に押し出されてくる。その迫力に圧倒されます。角川春樹氏が山師として成功した瞬間ではないかと思います。

ここで注意しておきたいのは、本作はチンギス・ハーンの人生を(多分)忠実に追っていないこと。むしろ、チンギス・ハーンという遊牧民たる異国の英雄に、製作者の夢やロマンを仮託したのではないでしょうか。壮大な地でわざわざオールロケを敢行する点からも、その意気込みが伝わってきます。
もうこの際細かい点を突っ込むよりも、一世一代の大見世物を楽しんでくる、というのが視聴者にとっては楽しめるコツかもしれませんね。
[PR]
by murkhasya-garva | 2007-03-24 11:34 | 映画
拙ブログに来ていただいていた方、本当にお待たせいたしました。。
パソコンのディスプレイが壊れ、卒論作成、院試勉強、インドへ傷心旅行と長い間放置でありました。今後の本数は限られては来ますが、文章の練習という意味でも続けていきますので。意味分からん時は是非ご指摘を。
よろしくお願いします。

「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」(1969)
b0068787_1451105.jpg

新京極シネラリーベにて行われた特集上映の一本。原作は江戸川乱歩の「パノラマ島奇譚」。雨降りにもかかわらず約50人は来ていた。しかし映画サークルの学生たちがよく笑う。他にもスナックをバリバリやる奴がいる、平気でしゃべり、携帯を鳴らしっぱなしにする・・・ひどい環境でした。







率直な感想を言うと、「もっと静かな環境で観たかった」。あまりにもうるさ過ぎる。音を立ててものを食うのは論外としても、観ながら喋ったり大きな声で笑うのには本当に閉口する。観ている者に文句は言えません。いや、ここはやはり「うるさい」と言うべきだったか。近年まれに見る、映画に集中できない日でした。

グチはいい加減これくらいにしておいて、予想以上の怪作でした。精神を病んだ人々、異形の人々を悪夢の世界の住人として登場させるなんてきわどすぎる。一昔前の作品なので、R-18指定というほどキツイものではありませんでしたが、何せ内容がアレなもんで。

昭和期の文豪が手がけた怪作を映像化する―これまで見てきた作品の中では、監督が独自の工夫を織り込み、原作の魅力を100%以上のものとする意欲作が多いように思います。谷崎潤一郎×井口昇の「卍」しかり(笑)、川端康成×中村登の「古都」しかり。そして江戸川乱歩×竹内スグル&実相寺昭雄&佐藤寿保&カネコアツシの「乱歩地獄」しかり。そんな作品のほうが、むしろ原作よりもインパクトが大きかったりします。

特にすごいのが、主人公が孤島に渡ったあとの筋書きと映像。放送禁止に限りなく近いネタが、どことなくATGの実験的要素のかほりとともに押し迫ってきます。そう、それにあの暗黒舞踏で有名な土方巽が出るんです。岩場での奇妙な体のうねり、搾り出すような声。人が人ならざる動きをするとき、それは奇妙な感動すら覚えます。もっともギャグと取る人もいますが。

チープさとは違う確信的な作りは、観ようによっては爆笑ものです。土方巽が色とりどりのフィルムを通して、突然ニョキッ。ラストの爆破シーンでは、爆音とともに生首が舞う舞う。突然聞こえる「おかあさーん!」「さよーならー」 なぜそうなる?!考えてみるとけっこう説得力なしのグダグダ展開だったりするのです。

確かに、差別や抑圧された人々の問題に関しては痛烈なメッセージ性を含みます。が、それ以上に石井輝男監督のトンデモないエンターテインメント精神に、観客の腰は砕けてしまうことでしょう。
内容が倫理的に難アリなので、ソフト化、地上波放映は恐らく今後もありません。何かの機会に見ることができた人はかなりラッキーじゃないかと。
[PR]
by murkhasya-garva | 2007-03-06 14:56 | 映画