休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 27 )

『借りぐらしのアリエッティ』(2010)
b0068787_074550.jpg
ジブリ作品は取りあえず観なければ始まらん!!
監督は米林宏昌という新人。しかも観た人が言うには「ジブリを観るつもりで行ったら残念なことになる」と。さてこれはアリエッティだったのかアリエンティーだったのか。←もうこれ消す(泣)


個人的には十分満足のいくものだった。ここには確実にジブリの世界があった。新人だというのに、ここまでの作品をよくぞ…と満足しきりだった。初めてでこれなら、十分だろう。それ以上何を求めるのか。

美しい背景、登場人物たちの何気ないしぐさ、それらは確かにジブリのそれだった。
恐らく米林監督は、ジブリの作品を仕事上であれ、さんざん観てきたのだろう。そのうえで自身の好きなジブリをいたるところにちりばめてある。たとえば草むらの中を駆け抜けるアリエッティは小トトロだし、ツタを登っていく姿はパズーやシータに重なる。母を心配して泣き出す姿はサツキに、家政婦の意地悪さはジゴ坊に。猫の鼻面に触れるのは、あれはもうトトロだろう!!他にもたくさんあった。実際に確認してほしい。

説明不足の感はあるが、作品としてのまとまりはいい。ただ、テーマとなると少し分からなくなる。それはそうだ。床下に住む小人の顛末を描くあたり、そこにどのようなテーマを求めるというのか。エコロジーとか言ってみてみてもはじまらないだろう。「テーマが分からない」だと?『もののけ姫』から毒されてきたんじゃないのか?
ここで注目すべきは、テーマではなく作品の出来だと言っておこう。そうすれば大多数の方たちが求めるものも少なからず見えてくるはずだ。

本作のほとんどは小人の視点から描かれる。彼らにとっての水はゼリー状で、粘着テープは一人分の体重を支えるに十分な強度を持っている。角砂糖やビスケットは潰して顆粒状にしてから使う。また、猫やカラスは驚異的で、なによりも人間の存在を非常に警戒している。この一つ一つの描写、そして人間とのかかわりは、普段の生活でおめにかかれないものばかりだ。そのような小さな世界に思いをはせるというのは、どのような体験なのだろう。

そこでは当たり前だと思っていることが当たり前ではない。小人たち、特にアリエッティの視点から、世界に対するその新鮮な想いがまざまざと伝わってくる。これは何と言うのだろう。小さいものへのまなざし、あるいは愛情だろうか。
このディテールこそが本作の醍醐味だろう。ジブリ作品には、これまでに他の者たちの視線が入っていた。そして、それによってあの細かな描写が生まれてきたのだと思う。

確かに、本作は小品ともいうべきものだ。あまり大きなものを詰め込んでいるわけではない。作風にしてもジブリとジブリの作品を踏襲している部分が非常に大きい。そのために、米林監督はただの一ジブリファンだと言われても仕方あるまい。しかし、彼がこの作品に自身の表現をささやかながら、しかし明らかに盛り込んでいること、そして宮崎駿を継承しようとしたことはどう考えても評価すべきだと思う。宮崎駿にはなれないまでも、米林宏昌というジブリの監督として確実にやっていけることだろう。彼が、今後もっと面白い作品を作っていくのを期待せずにはいられない。
[PR]
by murkhasya-garva | 2010-08-18 00:08

楽日

「楽日」(2003)
b0068787_1920726.jpg
ツァイ・ミンリャン監督特集が京都みなみ会館で開催しています。もう5月25日、今週の金曜日にも上映は終了してしまうのですが。是非見なければ。そう思っていたのに、「迷子」「Hole」はまんまと見逃してしまった…ハチャー!!



『ヴェネチア映画祭でのこの映画の上映は、ちょっとしたハプニングとして今も語り継がれている』とチラシは語ります。ラスト5分間にわたる無人の観客席を映すショットに観客が困惑したというのです。たしかに無人の観客席は、まるでここにいる私たち観客を映し出すような思いを抱かせます。

『何かの間違いではないか』
そんなはずはない。それまでの語り口を見ていれば分かることじゃないか。ぼくはこのショットからスタッフロールの間に、全てが流れ込んできたような感覚に襲われました。去り行く映画館への想い、そこここの出演者たちの存在、長い長いショット群の饒舌な沈黙。静かに、しかし確実に何かが見る者の心に染み込んでゆき、ラストショットを我が身に感じながら劇場を後にするのです。

ただ最期を待つ映画館をめぐる静かなショットは、なぜあれほど私たちにそれぞれ深い想いを抱かせるのでしょうか。そこには映画の「鏡」としての力が見えてきます。
観客はスクリーンをじっと見つめ、何らかの意味を見出そうとします。しかし本作は多くを語りません。普段はあんなに口うるさい映画が沈黙すると、私たちは逆に想像を凝らします。すると何も語らないはずのスクリーンは各個人の過去や気持ちを映し出し、とたんに饒舌になるのです。まさに映画は、私たちを映し出す「鏡」なのだと思います。

しかも本作は、年経た映画館を隅々まで映します。まばらに人のいる観客席、温もりを求める青年、館内の至る所を歩き回る人々、受付の女性がめぐる劇場の裏、あらゆる場所に映画館の記憶が染み付いているのです。この新鮮ながらもどこか懐かしい光景に、観客の人々は改めて監督の、そして自分自身の映画館への想いを確認することでしょう。

往年の名作が上映されるひと時、無人の映画館に思い出があふれます。丹念に選び取られた長いショット群は決して退屈なものなんかではありません。今まで私たちが感じてきた映画館への愛と、見過ごしてきたショットの積み重ねとしての映画の大切さを再認識させてくれる大切な瞬間なのです。

かつてない形で映し出された本作は、しかし私たちの映画体験の原風景でもあります。身震いするような感動ではなく、いつまでも胸に沁み込んで行くような幸福に、鳥肌を抑えることができません。
[PR]
by murkhasya-garva | 2007-05-24 19:21

更にトラブル

パソコンぶっ壊れました。
夜が明けてパソコンを立ち上げると、ディスプレイに光の線が飛び散りだして……、本当にもうどうしようもありません。
宣言していた「恐怖奇形人間」の感想はまた今度に。
ほんとすみません。

使ってるDELLパソは4日以降の修理受付だとか。
何だってんだい。
[PR]
by murkhasya-garva | 2006-12-31 03:57

<第五回京都映画祭>刺青

「刺青」(1966)
b0068787_1084926.jpg
谷崎潤一郎原作の同名小説の映画化。増村保造監督で若尾文子が主役を演じる。脚本はあの新藤兼人(「ふくろう」など)。ふと、「天使の恍惚」「新宿泥棒日記」に出演した横山リエと同一人物かと思っていました。何でかぶったんだろう。


質屋の娘お艶(若尾文子)は使用人の新助(長谷川明男)と駆け落ちに出る。しかし逗留先で悪人に芸者として売られ、体に巨大な女郎蜘蛛の刺青を彫られてしまった。やがて彼女は、本能のおもむくままに生きはじめる・・・。

主役を張った若尾文子の威勢のよさと、弾けるような美しさが目を引きます。彼女の美貌には色気がある。そして今でも現役で活躍している俳優には、旗本の芹沢を演じた佐藤慶がいました。「ゲルマニウムの夜」で朧に車椅子を押されていた戸川神父がこんなに若い!!彼のその間の作品を知らない分、時代の流れを強烈に感じてしまいます。

谷崎潤一郎の原作とあり、なかなか過激な場面の多い作品でした。色気あり、暴力あり、時代劇だからいいものの、当時は結構騒がれたのでは。その中でも刃傷シーンがすごい。直接的な描写はほぼないのに、それぞれの映像が「痛い」。剣戟からとどめに至るまで、終始緊迫した空気が流れます。いかにホンモノっぽく見せるか。カメラワークとカットのつなぎが素晴らしく上手く働いています。

男の生気、もとい正気を吸い取り、狂わせる魔性の女。刺青を彫られてからのお艶は、関わる男全てをとりこにしてゆくのです。お艶のために駆け回る新助は、その純情さゆえに次々と人を殺めてゆきます。いや、刺青を彫られてからではなく、本来男殺しの気質を持ったお艶にとって、芸妓商売は天職だったのかもしれません。

狂気にも似た妄執は、刺青を通じて多くの人を狂わせていきます。爛熟した精神の先に見るものは、エロスとタナトスという欲望の具現でした。一見の価値ありです。
[PR]
by murkhasya-garva | 2006-10-28 12:05
「花くらべ狸御殿」(1949)
b0068787_1014276.jpg第五回京都映画祭オープニング上映。30分ほど前に友人と祇園会館に着くと、すでに2,30人ほど並んでいる。意外と少なかったので安心。2階席の最前列ど真ん中を陣取り、悠々と観ることができました。最高ですね。
それにしても幕間のテーマソングは何とかならんのか…。


黒太郎は狸御殿の城下のカフェで働いている。ハンサムで魅力溢れる彼に、狸御殿の女王で頑なな心の持ち主のおぼろ姫が一目ぼれする。黒太郎が給仕になってから、姫はよく笑うようになった。しかしそんな二人の仲を見てよからぬ事を企む大臣が…

映画祭のオープニングを飾るにふさわしい作品。これこそエンターテインメント。目くるめくミュージカルとおとぎ話の世界が繰り広げられます。単純で、底抜けに明るくて、黙って観ているだけで楽しませてくれます。この作品にあれこれ言うこともありません。観て、楽しむ。映画の原点を思い出させる良い作品です。

狸の夢の町、その名はまさに狸夢(りむ)。何の不安もなく楽しく陽気な町は、特別技術担当の円谷英二によって作られたもの。そのセットはエキゾチックだけど和風の形を濃厚に残していて、なんとも新鮮です。この手放しの明るさは、人々の夢であり理想の世界でもあります。北朝鮮のトップはこういうのを現実にしたかったんでしょうかね。

ラインダンスでオープニングが始まります。太めで短めの足が舞う光景は、まさに日本の映画だなーと思わせるところです(笑)。魔女役の京マチ子、女王役の喜多川千鶴のコントラストも注目です。黒は奔放さや活発さ、性的魅力を表し、白は清楚で上品さを表してダンスが行われます。なんかハリウッドっぽいなあ。

男装の麗人、水の江滝子が八面六臂の活躍。それにしても女王や魔女を手玉にとる一般人って…。また女王がピンチのときも丁々発止のダンスを繰り広げ、城の奥へ進んでいくわけですが…長い。すっごく悠長。でもそんな気楽さも含めて、この作品は笑って楽しめます。
手放しに明るい本作は、当時の世相を象徴しているのかもしれません。
[PR]
by murkhasya-garva | 2006-10-26 22:27
◆地雷バトン!!◆
@ルール@
見た人はコメントを残して自分もやる事!
絶対!! OK??

1.朝起きて最初にする事は?
 ・・・二度寝。

2.これだけは欠かせない日常的な事
 ・・・映画を観ること。

3.好きな食べ物3つ
 ・・・固めのドーナツ、ヨーグルト、キムチ

4.嫌いな食べ物3つ
 ・・・特にないです。しかも悪食なんです。

5.踏まれたくない地雷は?
 ・・・自分の将来。

6.最近1週間で嬉しかった事は?
 ・・・立て続けにいい映画に出会えたこと。

7.最近1週間で悲しかった事は?
 ・・・実は卒論、院試まであまり時間がなかったこと。

8.今使ってるシャンプー&リンスは??
 ・・・エルセラーンの「ベジータ」。

9.お風呂で最初に洗うのは??
 ・・・頭です。下から洗ってどうする。

10.恋愛とは??
 ・・・さて。もう帰っていいですか?!
   …すんません。「相手を取り入れようとし、自分が新たになること」 あかんわ。
[PR]
by murkhasya-garva | 2006-10-10 01:26

突然ですがバトンです

●見たらスグやるバトン

※見た人は、必ずやること。今すぐやること。
≪理想の恋人≫バトン♪〃
苦手なジャンル。一気にいきますよー。

Q.01:頭は良い方がイイ?         ――→良い方がいいですね。
Q.02:スポーツは万能な方がイイ?    ――→自分にないものは求めません。
Q.03:料理は出来た方がイイ?      ――→そらもう。教えてほしい位。
Q.04:優しい人がイイ?           ――→いや、少々キツくてもいいかも。
Q.05:面白い人がイイ?           ――→いいね。自分が頑張らんでいいから(!)
Q.06:強い人がイイ?            ――→ええもちろん。
Q.07:気が利く人がイイ?          ――→いいね。自分が(ry
Q.08:お金持ちがイイ?           ――→できれば。
Q.09:オシャレな人がイイ?         ――→別にいい。しっかりしていれば。
Q.10:歌は上手な人がイイ?        ――→考えたこともない。
Q.11:ダンスは上手な人がイイ?     ――→招待されることもないだろうし、いらん。
Q.12:貴方はお姫様・王子様扱いされたい派?
                          ――→その逆だと思います(…うわー)
Q.13:貴方は引っ張って欲しい派? それとも引っ張って行きたい派?
                          ――→引っ張ってほしい。あくまで理想。
Q.14:レディファーストはどう思う?     ――→周囲にあわせておきます。
Q.15:カッコイイ人とカワイイ人ならどっち? ―→カッコイイ人、ですね。
Q.16:タバコ吸う人はOK?         ――→OK。
Q.17:お酒飲む人はOK?          ――→OK。ぼくはほとんどいけませんが。
Q.18:ギャンブルする人はOK?      ――→玄人さんならOKです。
Q.19:浮気は許せる?            ――→困る。
Q.20:Sの人とMの人ならどっちが良い?  ―→むしろS。
Q.21:好きなタイプをアニメ・ゲームなどのキャラで例えると?
                           ――→ ハチクロの美和子さん。
Q.22:好きな人が二人出来ちゃった。貴方ならどうする?
                          ――→どっちにもへたれそう。
Q.23:好きな人の職業は?         ――→別の畑の同業者。
Q.24:理想の体形は?            ――→たぶん細身です。
Q.25:髪型は、ロングとショートならどっち?―→ロング。
Q.26:髪を元の色以外に染めてる人はOK? → OK。似合っていれば。
Q.27:オタクな彼氏・彼女は?       ――→OK。コミュニケーション可能なら。
Q.28:では最後に、バトンを渡す人    ――→「見たらスグやるバトン」て言うてるやん。

自分の性格が出るのでこういうのは苦手なんですよ。
[PR]
by murkhasya-garva | 2006-10-10 00:53

ブロークン・フラワーズ

「ブロークン・フラワーズ」(2005)
b0068787_11235518.jpg「イン・ザ・プール」に続き、何度も観たい作品のうちの一つ。ジム・ジャームッシュの作風も好きだし、ビル・マーレイの力の抜けた中年男の姿も大好き。本当に面白い作品は、結末が分かっていても何度も見たくなるものだと言うことに最近気付きました。2005年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞。


中年、独身、盛りを過ぎた女ったらしのドンのもとに、差出人不明のピンクの手紙が届けられた。そこには「あなたの息子がもうすぐ19歳になる」と書かれていた。お節介な隣人のウィンストンにけしかけられ、ドンはアメリカ全土に散った20年前の恋人を探しに行くが・・・

この作品、5月下旬に1回観たのですが、いつの間にか書きそびれて半年近く。良い作品に限って書きづらいんですよね。どこからこの作品の愛を伝えればいいのか(うわー…)、本当に迷います。その位思い入れがある。

くたびれた中年男が、まだ見ぬ息子とその母を探す旅へと向かった…これって、自分のルーツ探しの逆バージョンなんですね。
恋人との結婚にも踏み切れず、自分の足元の覚束なさを抱えて、ドンは「老いたドンファンとは暮らしたくないの」―いつまで恋人扱いする気か―と責められます。老いたことを知ってなお、昔にすがり付く彼の‘現実感のなさ’‘自信のなさ’は、逆に言えば彼が多くの女性と‘うまくいかなかった’ことの原因でもあるように思います。

そんな彼が一通の手紙によって急に未来を開かれます。過去の恋人探し―口ではイヤだと言いながら、実はまんざらでもない。しかし、再会する女性たちは皆、「何の用?」と突然現れた彼をいぶかしみます。気まずい。結局何の手がかりもなく彼は戻ってくるのですが…。人生の大事な局面を回避してきた男に、最後まで答えが返ってくることはありません。可能性だけはいやと言うほど与えられるのに。

ジャームッシュの作品では共通することですが、本作の魅力を引き立てる要素には「間」が存在します。固定されたカメラで、登場人物の表情の変化をじっくりと撮るんですね。その「間」からは、おかしみと共に各キャラへの愛おしささえ感じます。日本映画にも似たそのカメラワークは、他の洋画には見ない安心感があります。

また、彼の作品の魅力の一つである音楽も忘れてはいけません。絶えずどこかでBGMが流れている。カーステレオから、部屋のコンポから、カフェからと、耳をくすぐる音楽の心地よさがそこにあります。そしてこの音楽は同時に、ドンの心情描写も兼ねています。気落ちした時はフォーレのレクイエム、期待が胸をよぎる時は、まったりとしたエチオピア音楽…本当にセンスがいい。耳に残ります。

ジャームッシュの作品を観ていると、映画をもっと好きになっていく気がします。数多くの作品への尊敬と、オマージュ。その画面からは余裕を感じると同時に、過ぎていった作品の香りを感じさせます。「ジャン・ユスターシュに捧げる」作品。彼の視点は、ぼくをさらに映画へと駆り立てていく。
[PR]
by murkhasya-garva | 2006-10-06 11:25
こんなバトンを頂きましたので急遽回答。

☆ルール☆
見た人は全員やること! 絶対だから!嘘つきはだめ! 足跡に証拠残ります。
(と、書いてますがお好きにどうぞ)

●今、どこにいる?
パソコンをいじっているといったら、もう9割方自分の部屋しかない。
知っている方は知っているが、京都内の寮で相部屋に住んでいる。

●今、一番近くに誰がいる?
部屋の同居人がコタツで寝ている。映りの悪いテレビをつけっぱなしに。

●今、どんな服装?
部屋着しかないでしょう。
着心地のいい安物ジーンズ、黒のトレーナーにジャージ(デサント)を引っ掛けている。

●今、何食べたい?
ボリュームはなくていいから、旨い日本料理が食べたい。
精進料理のような、味わい深いものを。なるべく薄味で。

●今、何飲みたい?
梅昆布茶。少し塩味の効いた「細い」感じの味がいいっす。

●今、真後ろには何がある?
もう1人の同居人の机。なかなか帰ってこないのでいつも同じ状態で散らかっている。
一体いつ帰っているんだか。

●今、まわりを見渡していちばん目についたものは?
靴下。なぜか机の上に使用済みの靴下が片方・・・もう一方はどこ行った。

●今、誰に会いたい?
有能な霊視者。時間的に「オーラの泉」をやっているのもあるけど。

●今、その人に伝えたいことは?
伝えたいというより、聞いてみたい。
今、自分がどんな状態なのか、以前と比べてどのくらい変わったのか教えて欲しい。

●今、一番歌いたい曲は?
氷川きよしの「きよしのズンドコ節」。やっとオリジナルのメロディが分かった。
か~ぜにふっかっれってはながちるう~…ええっちゅうのに。

●今、頭の中でパッと思い浮かんだ言葉もしくは台詞?
「試練」。何故これかをいちいち考えはしないでおこう。そういう時期なのかもしれない。

●今の体調は?
良好。食生活と運動を適度にしているので熱を出すこともない。

●今、どんな気持ち?
穏やかというか、あまりどんづまるような悩みを抱えていない良い気持ち。
一年間オマケがついたが、まあ何とかなるし、くらいに考えている。
こんなことを聞いたら黙っていない人もいそうだが…

●今すぐこのバトンやってもらいたい人?
誰でもええよ。この記事にコメントくれた人に渡しましょう。
[PR]
by murkhasya-garva | 2006-03-09 01:34

個人的速報

まことに勝手な話ですが、このブログの方向性をほぼ一本化しようと画策しております。
つまり昔の恥ずかしい日記を選択的に取り外してしまおう、と。
改めて読んだのですが、こんなこと書いてるやつの気が知れねえ。本当に心の底から思いました。ショッキングでした。
いやね、実際正気を疑うようなことが書かれているわけですよ。こんなのを書いてよく平気だったなとつくづく思います。人に読まれることの恐ろしさを知るべきですね。
知人にこのブログを紹介して痛感したのです。

でもわざわざ電脳上に載せたのはそれなりの意図があってのことかと都合のいいように解釈し、別ブログを作成することにしたいと思います。そこに性懲りもなく載せようかと。
まだ未定ですが、過去の恥部日記は確実に外すことにしました。
もうだめっす。

追って経過報告するかもしれません。
[PR]
by murkhasya-garva | 2006-02-05 01:42