休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

歌謡曲だよ、人生は

「歌謡曲だよ、人生は」(2007)b0068787_2247888.jpg
ひょんな出会いもあるものだ。
もとは別のオムニバス作品「ユメ十夜」を見るつもりで来たのに、上映しているのはこの作品。でもこのまま帰るのもシャクだし、帰りは遠いし。オムニバスつながりで、と腹をくくって観てみたんだけど…
驚いた。予想外に面白かった。というかツボだった。


本編は、12の昭和の歌謡曲を題材に、12人の監督たちがそれぞれのストーリーを展開するオムニバス作品。監督、俳優共々そうそうたる面子が揃い、本作を鮮やかに彩ってくれています。
去った恋人を追って東京へ向かう男の苦闘(第2話「僕は泣いちっち」)、サエない青年が観客の去った会場でかき鳴らすエアギター(第3話「これが青春だ」)、男に捨てられた少女に自分の過去を重ねる女(第7話「ざんげの値打ちもない」)、母校の同窓会でありありとよみがえる思い出(第11話「みんな夢の中」)…

この「歌謡曲だよ、人生は」には何度も泣かされたんです。聴き心地のよい曲調と共に書かれる、人々のストレートな心情。耳にしたことのない曲さえもどこか懐かしく、失った思い出を夢想するようなひと時が私たちを感傷的にさせます。歌謡曲には人々を温かく受け容れてくれる力があるのでしょうか。この映画を郷愁あふれる逸品たらしめているテーマとしての歌謡曲たち。各曲をベースに作られた本作品群は、それらの持つエッセンスを何倍にも膨らませたものとして、表現されます。

本作のタイトルにもある「歌謡曲」という「人生」。各話の登場人物の「人生」は、必ずしも夢、憧れ、悩みなど未来へ向かう視点ばかりではなく、実は本編のその大半が、挫折、喪失、回顧など過去への想いに成り立っています。たとえば私たちが、過去に失った何かに思いをはせるとき、その痛みや疼きは、時には甘く、時にはほろ苦く、心をじわりと刺激していきます。本作は、そんな私たちの想いを呼び起こし、いまだ経験したことのない感情さえも掻き立てるかのように、一編一編が紡がれていかれるのです。

才気あふれる監督たちの手によって描かれた歌謡曲。蛭子能収が監督を務めた作品(第8話「いとしのマックス」)はもっとも監督の独自色が色濃く現れたものの代表ですが、こういった監督たちの独自の手腕によるものだからこそ本作は懐かしい感覚が“色鮮やかに”描かれたのでしょう。
またそれは、歌謡曲の持つ性質こそがなせる業なのかもしれません。一貫して世界観をあまり変えることなく継承されてきた演歌などのジャンルとは異なり、今だからこそ古さが目立つものの、かつての若者の青春の象徴という意味をも持っていた歌謡曲。「かつての」という回顧的なニュアンスこそが、歌謡曲すなわち本作の魅力なのです。懐かしさと共に今ふたたび語られ、現代に生きる人々が当時の感覚を再共有することこそ、本作「歌謡曲だよ、人生は」の醍醐味なのではないでしょうか。
[PR]
by murkhasya-garva | 2007-07-22 22:48 | 映画