休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ミシェル・ゴンドリー・ナイト

b0068787_033695.jpg










ミシェル・ゴンドリーといえば、「エターナル・サンシャイン」(2004)が有名です。恋人を失った男が、彼女とのつらい記憶を削除してもらう話。主人公はしかし、記憶世界で削り取られていく彼女の記憶を失わないよう奔走します。その彼の記憶の中は現実と幻想が混ざり合い、その境目がはっきりしなくなる映像が特徴的です。新作の「恋愛睡眠のすすめ」はその流れを受け継ぎ、より幻想的なストーリーと映像になっています。オープニングは絵の具を撒き散らしたようなカラフルなシーン。渦を巻きながら広がっていく色を見ていると、まるで夢を見ているように思えてきます。

「恋愛睡眠のすすめ」(2006)は、夢と現実の区別が付かない青年・ステファンの恋物語。「エターナル~」では記憶と現実はいちおう、ちゃんと区別されていたのだけど今回は夢遊病のケがある男の世界です。夢を見ているあいだ現実で体も動くという夢遊状態。しかも彼は起きても頭の中で夢ビジョン。どこまでが現実なのか分からない。ゆったりと流れる音楽、淡くやわらかい色彩、その目くるめく映像を見つめていると、何だか全部が思い通りに行きそうな軽い全能感に包まれてきます。気持ちよ~くなれます。軽いトリップというやつですね。

b0068787_071768.jpg前2作品のように、独自性を強く押し出した作品を作るゴンドリー監督ですが、一方でドキュメンタリーを作ったりもします。「ブロック・パーティ」(2006)は、ラッパーのデイヴ・シャペルがブルックリンで黒人を中心とした無料コンサートを開催するまでの話です。カニエ・ウェスト、ローリン・ヒルなど有名な歌手がずらり揃い、それぞれの曲を披露してくれます。


本編はいわゆるブラック・ミュージックというアクの強いジャンルゆえ、個人的には少し食傷気味でした。でも、彼らの歌に現れる強烈なメッセージ性、渇望するほどの共同体願望は、観る者に確実に生命力を吹き込んでくれるようでもあります。

音楽ドキュメンタリーは数多く作られるけど、大抵は特定のグループや個人をあつかったもの。イベントがテーマなんてそう聞きません。本作は必要以上のメッセージを盛り込まずに、イベントという一夜の出来事の空気を忠実に活写します。そのため監督の独自性は極力抑えられ、インパクトに欠ける感はありますが、それでもしっかりと観客に「楽しさ」を伝えてくれるのが素晴らしいと思います。

そして今回4作品で最早期に作られたのが「ヒューマンネイチュア」。「恋愛睡眠~」「エターナル~」の監督の独自性と「ブロック~」のストーリー重視の間を行くような作品です。この3作品以前の、2001年に作られました。野性人に育てられた男・パフを森で見つけたネイサンとライラ。ネズミにテーブルマナーを教える実験をするネイサンは、パフに礼儀作法を覚えさせようとします。一方でネイサンはライラの体毛の濃さから関係が冷め、助手のガブリエルとの浮気を続けますが…

「自分をサルだと思いこんでいる男」「宇宙一毛深い女」「ネズミにテーブルマナーを教える博士」、この奇抜な設定でストーリーが組み立てられます。先がなかなか予想できない上、ラストはうまい具合に収束していく。最初から最後まで目が離せません。映像効果がどうというより、ストーリーのうまさが目立つ作品です。こういう新しい世界を見られる魅力があるから、映画を見るのがやめられないんです。

ミシェル・ゴンドリーは、突出した才能で勘客がたまらず魅了される、という監督ではありません。言ってみれば、一つの持ち味を活かし、それを中心にバランスの取れたものに仕上げてくるような監督です。今回のオールナイトも席の6、7割とけっこう埋まっていました。幅広くファンを獲得できる監督のようです。今後の作品が楽しみです。
[PR]
by murkhasya-garva | 2007-06-22 00:04 | 映画