休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<第五回京都映画祭>湖の琴

「湖の琴」(1966)
b0068787_104838100.jpg
本作は「うみのこと」と読む。10月28日、祇園会館にて鑑賞。佐久間良子主演の悲恋もの。田坂具隆監督は「五番町夕霧楼」に続き、水上勉の原作の映画化を再び行った。本作で佐久間良子は、NHK映画祭主演女優賞を受賞。



糸取り女として、若狭からはるばる賤ヶ岳の西山までやってきた栂尾さく。男衆の松宮宇吉に仕事を手取り足取り教えてもらううち、二人はいつしかお互いを慕いあうようになっていた。しかし突然舞い込む宇吉への徴兵の命。彼が兵役の間に、さくは長唄の師匠に見初められ、京都へ行ってしまう…。

「五番町夕霧楼」でも好演していた佐久間良子。もう魅力全開。彼女の魅力は眼にあると言っていいでしょう。不安や憂いを湛えながらも相手をひたむきに見つめるその眼は、まさに素朴な女性を演じるのに適役。自分の美しさゆえに周囲の人々の心を惑わせ、図らずして人間関係の渦中に身を置いてしまうなんて、罪な女…いやいや、不幸な人です。

ややもすれば平凡な悲恋ものに終わるところを、本作は色々な工夫を凝らすことで斬新な出来になっています。例えば中村雁治郎ふんする三味線の師匠が、彼女への執心を舞踊に置き換えて表現するシーン。また、恋人の宇吉から貰った三味線の糸を「一の糸…」「二の糸…」と一本ずつ張りながら、宇吉との関係をエピソード形式に挿入するなど、色彩の上でも鮮やかで見ごたえがある映像もあります。
一見飛躍したカットをつなぐことで、盛り上がりやおかしみを巧みに表現しているようです。

ラストに関しては、主人公の行動に飛躍が過ぎるような気がしますが、まああんなことをされては、涙もろい観客は泣くしかありません。決してハッピーエンドで終わるべき作品ではない、と言うのはうすうす気付いてはいましたが。
中村雁次郎の演技が、素晴らしくいい味を出しています。彼の表情一つ取っても笑えてくる。
[PR]
by murkhasya-garva | 2006-11-01 10:50 | 映画