休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

父と暮らせば

「父と暮らせば」(2004)
b0068787_21374640.jpg
故・黒木和雄監督の戦争鎮魂歌三部作。原田芳雄と宮沢りえという実力派俳優たちの素晴らしい演技は必見です。公開以来多くの場所で上映されたのに見逃してばかり。今回は煮詰まっているところを半ば強制的に、滋賀会館シネマホールまで足を運んで観てきました。


原爆投下から3年後の広島。雷に怯える美津江の前に現れた、今は亡き父の竹造。“恋の応援団長”として娘を支える竹造だったが、美津江には自分の幸福を受け入れられない、悲しい秘密があった。

黒木和雄監督作品、そして宮沢りえ主演、それだけで観にいきたくてしょうがなかったんです。しかしにわか映画ファンのぼくが黒木監督の作品を意識して初めて観たのは、なんと「紙屋悦子の青春」。彼の名前はその昔から知っていたのですが、なかなか機会に恵まれませんでした。よりにもよって遺作が最初、とは・・・。その後、「美しい夏 キリシマ」も鑑賞。今回でやっと3本目。

黒木監督の、先の戦争を題材にした作品では、共通して市井の人々――大きな時代のうねりに翻弄される心優しき人々を描き出します。戦後という“上から”の視線で断罪する我々と違って、登場人物たちは、当時をリアルに生きる者としての強烈な違和感を投げかけることで、戦争の恐ろしさ、愚かさを訴えるのです。

本作で登場するのは、広島で原爆の被害を受けた父と娘。原爆によって命を落とした父は、彼女の前に現れます。彼女の身体的な傷ではなく、精神的な痛みを案じてのこと。美津江は「自分が幸せになってはいけない」と頑なに恋心を抑え続けます。

普通ならば生き延びたことを喜び、その後の生を謳歌しようとするはず。それなのに、死者への“悼み”は生者の“痛み”となり、心身両側から苦しめるというのです。終えてなお人々を縛り付ける、戦争のなんと業の深いことか。

美津江の恋心と共に現世に体を為した父は、彼女の恋を応援するため、ひいては良心の呵責から解き放つために現れたわけです。しかし、肉体をなして身近な存在となったのに、父の声だけは死者のそれのように、彼女の耳にはなかなか届くことがありません。過去への過度な“思い込み”に囚われ、将来に目を塞ぐ―これを彼女の恥ずべき行為だと断じるのはあまりにも残酷です。

父の形を為した存在―それは、「希望」という彼女の心の一部なのかもしれません。たとえ過去に大きな傷を負ったとしても、人は未来に向かって希望を抱く権利がある。黒木監督が鎮魂しようとしたのは、死者ではなく、実は生者だったと言ってもよいでしょう。

演劇的な演出を施される一連の出来事は、美津江の心象風景のような幻想性を持って描き出されます。映画としては確かに前衛的ではあるものの、個人の世界観を描出するには最も忠実な方法なのかもしれません。素晴らしい作品でした。

※劇中で、宮沢賢治の「星めぐりの歌」が歌われる場面があります。黒沢清監督の「アカルイミライ」でも守の父が歌っていました。共通したテーマを含んでいるのか…
[PR]
by murkhasya-garva | 2006-10-23 21:45 | 映画