休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

第5回京都映画祭

第5回京都映画祭
今頃知ったことなんですが、第5回京都映画祭の詳細が発表されていました!
まずリンクへ飛んで見てみましょう。

去年の京都映画祭は昔なつかしの名作を数作品、というやっているのかやっていないのか分からないほどショボイ催しでした。(見たかった作品はあったんだけど…)今年も、新京極の立て看板に「ライトニング・イン・ア・ボトル」とだけ・・・見間違い?これで映画祭?とガッカリだったのですが。

なんと今年は、10月24日~29日、祇園会館、MOVIX京都、そして京都ドイツ文化センターにて、21+12+6作品という映画の嵐!新旧問わず、沢山の名作、話題作が上映されるそうです。
こんなにも沢山の作品が上映されるなんて、もうクラクラしてしまうわ~。映画ジャンキーの一歩手前ですね。。今から落ち着かなくなってしまう。

当時の人気・話題作品が続々上映。溝口健二の「祇園姉妹」、中島貞夫の「新・極道の妻たち」、深作欣二の「蒲田行進曲」など、特に昔の作品は祇園会館が目白押しです。さすが老舗だけあって、上映本数も違う。
しかし、けっこう昔に建てられただけあって、座席が小さい、きしむ、前の人の頭が邪魔という難点があります。出来れば他の場所でやってほしかった。いろんな意味で無理だろうけど。

MOVIX京都、京都ドイツ文化センターでの上映作品は、京都みなみ会館や京都シネマで上映された作品が何本かあります。他にも、京都では上映されないであろうマイナー映画(「プージェー」「出草の歌」)や、東京限定しかも一館だけで上映されていた作品「ゲルマニウムの夜」も上映されます。

未見の方はぜひこの機会に観にいって下さい。ぼくは万難を排して散財してまいります。

※どうでもいいことなのですが、祝300回目の投稿!!なのでした。
 あとで気づいたし…だめやん。
[PR]
by murkhasya-garva | 2006-09-08 01:42 | 映画