休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

紙屋悦子の青春

「紙屋悦子の青春」(2006)
b0068787_22105.jpg
黒木和雄監督の戦争3部作の3作目。本作の試写会開催時期に黒木監督は亡くなり、本作が遺作となる。
原田知世、永瀬正敏主演。今回は京都シネマにて、お二人の舞台挨拶がありました。両人の完成された容姿に驚く。そして原田さんの可愛らしいこと!!


なんと温かく、はかなく、そして健気なのだろうか。
黒木監督の作品、「美しい夏・キリシマ」、「父と暮らせば」も京都では多くの場所で上映されたのに、タイミングを逃してしまい、観ること叶わず。本作を観て、ますます他の作品を観たい思いが募ってきます。
なんと温かく沁みこむ物語でしょう。戦時中という苦しい生活の中の、人々のひたむきな思い。名も無き人々の、戦争を厭い、平和を希う姿が、美しく描かれます。

「戦争反対」の言葉は、異口同音に世界中で今でもうたわれています。左翼的思想のもとの反戦論、人道的見地からの平和主義など、現在の日本の状況に合わせて、多くの人々が主張し続けます。しかし、この作品の静かなメッセージは、それらの大きな声よりも、とりわけぼくの心の深いところに響いてくるのです。

本編の舞台となる、鹿児島県米ノ津町の紙屋家。小さなセットの中で、紙屋家のささやかな会話劇が展開します。各シーンの会話劇は長いカットによって構成されます。脇を固める人々の確かな演技と、安定したカメラの視点は観る側をリラックスさせてくれます。
その人々の、他愛もないささやかな語らいは、「戦争反対!」という直接的な言葉よりも、人々の平和の願いを雄弁に語ってくれるように思うのです。

また、永与(永瀬正敏)と悦子(原田知世)の、ぎこちなくも互いを気遣うような会話。愛する人間が戦地に赴き、帰らぬ人となるような状況下で、2人の絆は本当にか細く、はかないものに映ります。しかし、悦子の「待っちょいますけん」という永与への言葉や、お互いを見つめる真っ直ぐな視線からは、そんな中でも健気に生きていこうとする人の強さを感ぜずにはいられません。

最近になって、「ローレライ」や「亡国のイージス」、「男たちの大和/YAMATO」や「出口のない海」といった、いわゆる戦争ものが多く手がけられています。昨今のワールドカップでも注目される“愛国心”というテーマは、確かに骨太で、一見してメッセージ性も明確です。最近の情勢から反射的に作られた、と言われても仕方のないこれらの作品は、自国中心主義という、人間のもう一つの側面を煽る点で、効果をあげているといえます。

しかし、この「にわか愛国心」が広がる中で、静かに語られる黒木和雄監督の作品は、より確実な説得力を持っているように感じます。私たちは、大きな声に惑わされることなく、より静かな声にも耳を傾けるべきではないでしょうか。
最近の作品での「海」の持つ、英雄たちが戦い抜いた戦地、というイメージに対し、本作の「海」は優しさと安息の象徴であり、平和を願う人々の素朴な魂の拠り所として描かれます。戦後という「姿勢」に今一度立ち返り、腰を落ち着けて観てみてください。
[PR]
by murkhasya-garva | 2006-09-04 02:03 | 映画