休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

やわらかい生活

「やわらかい生活」(2005)
b0068787_2241548.jpg
「ヴァイブレータ」で高い評価を受けた廣木隆一監督と女優の寺島しのぶ。今回は、現代の女性像を異なった視点から切り取る。豊川悦司、田口トモロヲ、松岡俊介、妻夫木聡なども出演。原作は絲山秋子の「イッツ・オンリー・トーク」。
京都みなみ会館にて上映された。


橘優子(寺島しのぶ)、35歳。仕事も、恋愛も、すべて順調にこなしてきた。けれど、途中で何かがふっ切れてしまい、仕事をやめてしまう。そんな彼女が越してきたのは蒲田。‘粋’のない町で、ゆるーい生活を続けている。ある時、地元の福岡から従兄の祥一(豊川悦司)がやってきた・・・。

立場も性別も違う主人公。情景や心情は“理解”できるのだけど、どうも共感まで漕ぎつけない、というのが正直な感想です。
もっと言えば、廣木監督の作品には、こういう感覚がいつも付きまとっているような気がする。彼の他の作品にもあるような、独特の距離感によるものでしょうか。人物から一歩引いて、半ば客観的な位置から全体像をつかむようなもの。この距離から、空気感も含めて人物像を描くのに成功していますが、どうしても‘ずれ’を感じるような気がします。

本作で優れて表現されるのが、女性の心理です。主人公は、鬱を患った女性。優子と蒲田という土地との関係や、彼女の生活といったさりげない描写からも、微妙に揺れ動く心情が映し出されます。

寺島しのぶの優れた演技も手伝って、例えば町中を歩いている彼女の姿は、何だか地に足が着かないような、フワフワした印象を受けます。微妙なことなのですが、現実社会と「彼女の世界」にズレがあるようなのです。彼女の重たそうな服装も、1人はしゃぐ似つかわしくなさも、現実から少し遊離しているような印象を受けます。

また、優子の言動には多少の痛々しさが残ります。周囲の反応はさておいて、自分を無理に露出「しなければならない」という、理由のない切迫感。法事の席でのスピーチ(「精神病は心の風邪のようなものですから・・・」)は最たるものです。しかしこれは、彼女なりの周りとの関係作りなのかもしれません。
男性を求めて寄り添う姿からは、無意識に自分の孤独感を埋めるような、切実ささえうかがわれます。

しかし、いつまでもお互いに寄り添いあえる相手などいないのでしょう。優子は、鬱という「病う」世界から現実に戻るわけでも、生を絶とうとするわけでもない。どんなに人と関わっても、彼女の「病う」世界は彼女だけのものでしかありません。でも逆に、そんな自分の世界で生き続けるということこそが、彼女の‘強さ’でもあるとも言えます。銭湯で、涙を隠すために顔を何度も洗うような悲しみを感じたとしても、です。

本作では現代における等身大の女性像を描いていますが、彼女の生き方はある種、理想的な感じがします。寺島しのぶの唇に塗られた赤も、包み込むような空の色も、とても切なく、そして美しく映えます。
痛々しくも、心地よい「やわらかい生活」。一度観てみてはどうでしょうか。
[PR]
by murkhasya-garva | 2006-08-06 22:23 | 映画