休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

嫌われ松子の一生

「嫌われ松子の一生」(2006)
b0068787_2222358.jpg
山田宗樹の小説を映画化。中谷美紀を主演に据え、他にも若手実力派俳優や人気アーティストなど、豪華キャストを起用。映像だけでも見ごたえがありますが、それ以上にパワーを感じる作品です。監督は「下妻物語」を手がけた中島哲也。これだけで見る価値があるかも。


「実はものすごく暗い内容なのに、映像と音楽がそんな雰囲気を全然出さない」。多くのサイトがそのような評価をし、一緒に見に行った友人もそう言いました。この世界観を、明らかに意図して作られたものだと考えると、暗さや明るさといった表面的な印象以上に、何か異なったメッセージを残しているように感じます。

オープニングから木村カエラがカラフルな画面と共に「トゥリル トゥリル リカー」を歌いだすのには驚きましたが、この作品のテンションの高さはここから始まっていました。その後もBonnie PinkやAIが、松子のそれぞれの人生の場面で、プロモーションビデオよろしく熱唱し、中だるみも許さない勢いで花を添えてゆきます。ミュージカルのような演出が松子の人生を彩ります。というより、松子の人生が、このミュージカルのようなものだったとも考えられます。

そして音楽と共にこの作品に花を添えるのが映像のカラフルさ。多少の誇張表現はあるものの、ビビッドな色彩が不思議としっくり来ます。当時の情景や松子の人生の“色彩”を表現するための、丁寧な再現と同時に行われたデフォルメ。結果として、「初恋」のような忠実な当時の再現よりも、より“リアル”な表現となったように思います。

また、中谷美紀の女優としての華と、演劇っぽいオーバーアクションが作品にメリハリを与えます。正直、彼女の演技がこの作品の大半を支えていたと言ってもいいでしょう。驚くほどの豊かな表情、キビキビした動き、喉がかれるほどの絶叫(『なんで!!!』)。彼女の演技のすべてが新鮮で、パワフルです。

映像の華やかさとは裏腹に、徹底的に不幸な松子の人生。彼女が幼い頃から乞い続けてきたのは、父の愛でした。何度男に見捨てられても、その度に「愛があれば生きてゆける」と立ち上がってきた彼女。徒労にも見える行為を続ける姿は、あまりに痛々しく、この世の地獄を見るようでもあります。しかし、松子の人生が単なる不幸話や狂人の人生とならないのは、彼女が常に「愛に生きた」からに他なりません。

父の愛を求め、そのために人を喜ばせようとしてきた彼女が最後に行き着いたのは、「人を愛する」こと。どんなに傷つこうとも、人を愛することをやめなかった彼女を、最後の男、竜は「神」と位置づけます。つまり、松子がキリストだというのです。愛に飢えていた彼女が、「愛」そのものとなったとは何とも皮肉な話です。しかし、彼女にはその選択肢しかなかったのであり、また彼女を知った人には、「生きる」とは、「愛」とは何かを図らずして伝えたのです。

こんな主題をなまじ正攻法で伝えようとしても、逆に空々しさ、うそ臭さが鼻に付くばかりだと監督は感じたのかもしれません。多くの人々に何かを伝えるには、恐ろしいほど現実的で、しかし極端な方法しかない。そのためにも、この作品は徹底的に作りこまねばならない――。そういう意味では、本作品は強烈なメッセージ性をもった作品となっています。
見終わって、頭をぶん殴られたような思いでした。身につまされるし。
ただ面白いだけじゃすみません。
[PR]
by murkhasya-garva | 2006-07-20 02:26 | 映画