休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<惑星★Night>緑玉紳士

「緑玉紳士」(2004)
b0068787_20122023.jpg今回のオールナイト「惑星★Night」、第2作目は京都発のパペットアニメーションである「緑玉紳士」(りょくたましんし)。栗田安朗監督は京都精華大出身。以前京都シネマで上映していたのですが見逃していました。そういえば京都精華大は京都シネマで学生の上映会を催していたような…


上映後には栗田監督とミルクマン斉藤氏がトークショーがありました。待合のスペースに座っていたパジャマスタイルの兄ちゃんが監督だとはつゆ知らず、ミルクマン斉藤氏は相変わらず目の覚めるようなピンクのスーツで登場。

パペットアニメーション自体あまり観る機会がないので、今回はかなり新鮮な体験でした。「ウォレス&グルミット」がライバルの栗田監督、言うだけあって結構な面白さです。ジャズが響く小洒落た夜の街に、カラフルでコミカルなパペットが動き回るのは見ていて楽しくなります。言葉も「ウィー」とか「アー」しか言わない。
この世の裏側の異世界へ迷い込む魅力が詰まったファンタジーです。年齢を問わず、安心して観られる良い作品ではないでしょうか。

それに公式サイトには緑玉紳士の世界観が描かれています。緑玉紳士の設定が面白い。あれ、マメじゃなくて鳥なんですね!って分かるわけね~。名前がグリーンピースなのに、鳥だと気付くわけがない。設定が色々とありますが、公式サイトを開けてください。作品をより一層楽しめると思います。

パペットには実写やCGにはない魅力があるようです。実写よりもコミカルかつ寓話的で、CGほど無機質な感じがなく、むしろ手作りの温かみや親しみを感じます。またアニメとは違って立体感があり、高い技術をもった作品ほどリアリティを増し、観ることに抵抗が少なくなってくるのです。なるほどアナクロな作品の方が温かみがあるとはいいますが、まだまだパペットは試される余地がありそうです。従来の技法と最新の技術が上手くマッチした場合、また新しい感覚を与えてくれることだと思います。
「ベルヴィル・ランデブー」でも活用されたCGも、次回作では使ってほしいものです。

ただこの作品、上映時間が48分。DVD化されるんだろうか。そして第2作はいつ完成するんだろうか…。
[PR]
by murkhasya-garva | 2006-06-27 20:18 | 映画