休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ATG Film Exhibition 第2日目「新宿泥棒日記」

昨日は「ATG Film Exhibition」の2日目でした。
b0068787_12365679.jpg上映作品は大島渚の「新宿泥棒日記」(1969)。
一昨日の作品でもそうでしたが、監督が撮りたいものを自由に撮るという意志が響く、力強さを持った作品でした。
そして漫★画太郎の「このとおりです!」の原点らしきポーズも発見!!


監督が違うと作品の雰囲気は全く異なったものになります。
昨日上映された寺山修司監督の「書を捨てよ町へ出よう」では、様々なシーンがコラージュのように重なり、また主人公に合わせた視点で撮影されているように感じました。
しかし、今回の「新宿泥棒日記」は、監督の、ストーリーとして一本筋の入った一貫性のあるものにしようという意志みたいなものが感じられるのと同時に、絵画で言うキュビズムのように多角的な視点を重ねた作品のようでした。

また、今回はストーリーの中に「意図された」映像の工夫が散りばめられています。
例えば、モノクロとカラーが時々入れ替わること、積み重ねられた本が囁きだす夜の本屋、
時折挟まれる「新宿泥棒日記」のタイトル、日本標準時刻と外国の標準時刻を順に表示、
性科学者(高橋鐵)の面談の時にはカメラを揺らし、カメラの作動音を入れていることetc。。。
帰る途中でどこかの大学生が言っていました。
「所々に戦略的な意図が凝らしてあって・・・」
確かに、監督の言いたいことを様々な方法で表現しているんです。

アフタートークで葛井欣士郎さんは「ストーリーというよりも映像重視」、「各人の好きなように解釈してもらいたい。2日、3日と経つごとに色々と印象が変わってくるだろう。それを楽しんでほしい」といったことを仰っていました。

この作品がまず、動乱の渦中にある新宿を舞台にした、横尾忠則と横山リエの恋愛劇であるということ。
そしてそれは、社会と同様に混乱した2人のもどかしいまでの関係を描くものであり、2人の関係とその周りの出来事は、そのまま当時の時代を象徴したものとなるはずだと思います。
タイトルはジャン・ジュネの「泥棒日記」から付けられたものでしょう。多分これを踏まえた内容にもなっているはずです。

今日は14時より松本俊夫監督の「薔薇の葬列」が上映されます。
ちなみに「薔薇族」はここから付けられたそうです。
[PR]
by murkhasya-garva | 2006-06-10 12:18 | 映画