休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

エリ・エリ・レマ・サバクタニ

「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」
b0068787_2054918.jpg
最近邦画を観ていない。味のある俳優を見たい。一癖ありそうな映画を観たい。そんなマイナー作品欠乏症にかかっていた時にすっ飛んで観にいった作品。浅野忠信を見るのは、「乱歩地獄」以来。「誰がために」観たかった~。監督は「EUREKA」の青山真治。



2015年、世界中に人を自殺に追い込むレミング病という奇病が蔓延していた。ミヤギ(筒井康隆)はレミング病に罹ったハナ(宮﨑あおい)を救うべく、症状を抑制する音楽を作るミュージシャン、ミズイ(浅野忠信)とアスハラ(中原昌也)のもとを訪れるが・・・

予想通り不思議な映画だった。さわりだけだと、近頃聞かないくらい驚くべき陳腐な筋立て。ヒーローものの出来損ない?しかし監督は青山真治、出演は浅野忠信に宮﨑あおい。こりゃ何かあると考えるのが当然なわけで。全編を通して流れるノイズミュージック。世界の果てを思わせる広大無辺な風景。そのためか感じる人間同士の無機的な関係、一人ひとりの抱える孤独感。

まずこの作品を観るに当たって多くの人々にとって関門となるのがノイズミュージックだ。長時間にわたって流れるノイズは、未体験の観客にある種の忍耐を強いる。ともすれば集中が途切れて寝てしまいそうになるのを必死にこらえ、付いていくのに苦労する。特にオープニングの部分。全く話の筋が見えない上に、ほぼ無言で「音」を採集する2人。淡々としすぎていて、辛かった。
ミヤギやハナたちが登場して、会話を始めるだけで話が急に展開する。
それはまさに天祐(笑)。

ミュージシャンの2人はひたすら音を集める。作業自体が楽しいのかどことなく口元が笑っている。それは自殺した人々を見ても、仲間が燃されていても同じことである。彼らが音楽(ノイズ?)に身を捧げているのが分かる。彼らの徹底さは、ライブのシーンからも分かるように、孤高で異質。救世主というより、村の外れに住むおかしな知恵者、といった感じ。しかし納骨の仕方も相当おかしい。知恵者というより宇宙人のようでもある。

レミング病については一応の説明がなされている。空気感染し、刺激を与えると人の神経系に作用して自殺願望を引き起こすとか。もしこの奇病に説明がなければ、「病気なのか、ただの自殺なのか分からない」ことにぶち当たり、トンデモストーリーになること間違いなし。

またレミング病は、人間、特に現代人の感覚を描写する際の有効なアイテムとして用いられる。つまり登場する人々は誰もが何らかの形で深い孤独を抱えている。そこでレミング病は彼らにいっそう「死」を意識させることとなる。発症(自殺)しないからといって感染していないわけでもないという不安。自分の自殺願望は「病気」なのか?という疑問。 誰もが死と隣り合わせなのだ。

当然、ミズイやアスハラも例外ではない。自分自身の暗い過去や内面を抱えて生きる者であることには変わりない。ただ、彼らは他大多数の人と違って、自分のために好きなように生きる、という選択をすることによって虚無感から離れることができただけだ。生き残った老人たちも同様だろう。自分なりの生き方を確立した者の強み、ということだろうか。
そう考えると、「東京節」を2人で口ずさむミヤギと探偵ナツイシの、最後の行動の違いの意味も自ずと見えてくる。

この病気はノイズミュージックの存在感を引き立てるツールだとも言えよう。アスハラも、「病気が音楽を餌にしている」と言う。唯一、症状を抑制する効果のあるとされるノイズミュージックは、実際に視聴者に「眠気を誘う」と言わせ、「意識がクリアになる」といった効果を感じさせるそうだ。作中ではハナが、4台の大きなスピーカーの間で大きく「揺り動かされる」のがとても印象的である。あの映像効果や演出は、やはり実体験に基づくのだろう…。

とはいえ、今まで雑音としか聞いてこなかった音をすぐさま評価することなど出来ない。ひたすら弦を引っかき続けるシーン、ラストの演奏シーンなどで集中力は途切れてしまう。理解の出来ない作品をどう評価しろというのか。
しかし、この作品をすぐさま頭ごなしに否定はできない。他のサイトでは「考える」のではなく「感じる」作品だという方もいる。だとすると、まず未体験の観客は少なくとも、作品の異様な空気にただただ呑まれるべきなのだ。そしてそれが正攻法だということなのだろう。

ともあれ、「エリエリ」をきっかけにノイズミュージックが何かを多少知ることができた。いままで、一定の旋律や意味を含んでいる音楽を聴きながらでは集中が難しいことを感じていた。意味に気をとられることなく、ただ聴いていられる音楽。それがノイズミュージックなのかもしれない。
出演している中原昌也は、自身が「暴力温泉芸者」「Hairstylistics」として活動するアーティスト。まずはそこから体験してみたい。

ノイズミュージックの雰囲気を知るという意味ではとても有意義な作品。全体的にも、空間的な広さや静寂が空虚感と混じっていて、登場人物の設定とも通じる、一貫した印象を受ける。演技のよしあしを見るより、まずこの作品を「感じる」べきである。一見の価値あり。
[PR]
by murkhasya-garva | 2006-03-14 20:06 | 映画