休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

輪廻

「輪廻」
b0068787_18151715.jpg
海外で邦画のリメイク「リング」が大ヒットした清水崇監督。今回は日本でホラーを手がけます。どのくらい怖いのか、と色々レビューを見ていたんですが結構評価が高い。そりゃ怖い作品は観に行かねばなるまい、ということで遅ればせながら。


杉浦渚(優香)は女優の卵。問題作を多く手がける監督に見出され、映画出演が決まる。作品は、実際にホテルで起きた惨殺事件をもとにしたものだ。しかし出演が決定してからというもの、渚の周りでは奇妙なことが続けて起きるのだった…

まず一番の見所は全体の構成もさながら、それを支える優香の演技だと思うんです。特に後半、現実とも夢想ともつかない世界に迷い込み、怯える姿といったらありません。ただただ追われる者の恐怖。それは声にしたくても出来ない、息の詰まるような感覚です。ほんとに彼女の絶叫を聞くだけでも怖い。ガクガクブルブル、優香がパニクりすぎて焦点合ってないよ!!
あと、本棚の隙間から死霊が見える瞬間、隣で観ていた友人はものすごい勢いでビクーッとしていました。怖いはずなのにそっちに気がいって笑ってしまった。。。

最近のホラーの有名どころはあまり観てませんが、どうも死人が蘇ってくることがやっぱり1つのポイントのようです。「着信アリ」「美しい夜、残酷な朝」の「box」のいずれも、死んだ“はず”の人間がこっち見てる。まあ効果的に動き出せば、こっちも煽られて良い感じにのめりこみます。
清水崇監督は、そこの使い方を心得ているんでしょうね。わざとノッペリとした不鮮明な映像で非現実感を表す。なぜか静脈を浮き立たせた死霊がすぐ身近にいる。何をされるのか分からないけど、近付かれるとやたら怖い。
ただ、死霊、ゾンビ、亡霊といった線引きがあまりよく分からなかったんだけど・・・。

ストーリーも案外つじつまが合っています。観終わったときは、いくつか理解できないところがあったのですが、よく考えると意味があるんですね。一見バラバラのエピソードが最後に絡み合ってくる。もちろんオープニングもただの導入ではありません。

そもそも扱うのが「前世」だから、というのもあって多少の「前提」はあります。その前提で理解できない点がある。まず「死霊と生まれ変わりは別物」、なの?
他にも、殺された人間の生まれ変わりは何らかの形で死んで事件現場に集うとか、当時の事件を再現するとか。犯人の妻だけが最後に全てを理解する、というのもよく分かりません。けどそれは得体の知れない世界だからこそ理解できないこともあるんだよ、ということなんだろうか。

そういう点になるとちょっとネタ自体がマニアックなことになるようで。オカルト話は詳しく知らないので、多分そういうこともあるんだろうね、という程度の理解しかできません。でも映画自体は怖さを十分に体験できると思います。ラストは意外な締め方でした。

もっとも、筋で疑問を感じたら怖さは半減です。でももう一回観にいっても怖さは半減するだろうし、もともと筋を知ってて観にいくと面白くないだろうし。。。微妙なところですね。
何も考えず観て下さい。それがたぶん一番効果的に観れる方法だと思います。
[PR]
by murkhasya-garva | 2006-01-26 18:17 | 映画