休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ノミ・ソング

待ちに待った映画を、昨日観てまいりました。もう3ヶ月くらい待ったよ。7月には東京で上映されているんですからね。関西といえど関東には情報面では遅れるということなんですかね。
というか確認した当時の日記見てびっくりした。「一年くらい猶予期間がほしい」ってあなた…
実現してますから!!! 望みがかなって良かったね~~!!!!(半ば自暴自棄)

「ノミ・ソング」
b0068787_0142072.jpg
80年代のクラブ・シーンに現れた奇人、ノミ・クラウス。彼の美声はNYの若者たちに響き渡った。奇抜な服装、パフォーマンスは注目の的となり、一躍有名になる。しかし、彼の成功は順調であるとは言いがたかった…。愛に対し敏感で、非常に繊細な彼の一生を関係者の回想と当時の映像を用いて描きだすドキュメンタリー。


音楽関係のドキュメンタリーは結構面白い。そんなに見ていませんが、往年のアーティストの足跡を追うってだけで心惹かれます。以前「ゴールデンカップス ワンモアタイム」を観たけどあれは良かった。今度は「メタリカ 真実の瞬間」を、と思ってます。

この映画に興味を持ったのは、公式サイトに流れる曲「Total Eclipse」を耳にしたから。ぎこちないカクカクとした歌声からオペラヴォイスへの移行。彼のメイク、奇抜なんだけど何だか懐かしい。そういえビョークのアルバム「ホモジェニック」のカバーイラストがノミのメイクによく似ているんです。予告編から大いに興味を引いてくれます。いやもうとにかく期待して期待して。今年で一番期待に胸膨らませた作品じゃないかというくらい観たかったんですね。

実際、本内容は彼の異色さを描き出すものでしたが、意外にも彼の人間性を評価するような雰囲気に出来上がっていました。予告編では、わずかな時期の注目、そして暗転する運命…という感じでしたがさにもあらず。当たらずとも遠からず。それに予告編のほうがインパクトが大きい気がします。
「だが 時代も場所も何もかも間違っていた」
「エイズで一番最初に死んだ男。 『僕はどうすれば・・・いいの』」

本編はそこまで辛辣な展開というわけでもなかったです。彼自身が掴みどころのない人物だったことが起因しているのか、全体的にノミ・クラウスを映したすべてを使って、滑らかに彼という人物像をなぞりあげた印象が強いです。しかもそのタッチは美しく、優しい…。幕の引き方が感動ものです。追憶の中の歌姫を今一度、みたいな。

アブノーマル、とは言いすぎですが、その類の作品に見られるカタルシスはそう強くありません。その代わりに、自分の姿を好んでメディアに映した彼の姿は、面白いんだけどどこか儚げというか。リアルタイムでノミを知っていた人は、確かに関係者は色々言うてますが、ひっくるめてこの作品から好印象を持てるんじゃないでしょうか。
個人的には満足の一品なんですが。
[PR]
by murkhasya-garva | 2005-10-29 00:15 | 映画