休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ナイト・オブ・ザ・京都ゾンビ(1)

ホラー映画にはゾンビという超有名なジャンルがあります。
皆さんどれくらいゾンビ映画を観たことがありますか?
ぼくはほとんどありません。もしかしたら最近あったザック・スナイダー監督のリメイク版「ドーン・オブ・ザ・デッド」が初体験かも。(当時の感想はこちら

b0068787_10435160.jpg
そこでゾンビ映画を少しでも知るべく、去る10月15日に京都みなみ会館でオールナイト「ナイト・オブ・ザ・京都ゾンビ」へ行ってまいりました。普段オールナイトは1人で乗り込むのですが、少し趣味のコアな奴がいてそいつと行こう、ということに相成りまして。


メニューは、
「ゾンビ/ダリオ・アルジェント版」
「キャビン・フィーバー」
「恐怖の足跡 Carnival of Souls」(覆面上映)
バラしていいのかな…
「ゾンビ/ディレクターズカット版」


ゾンビのバージョン違いが一晩で観れるのはこれが初めて!!と、トークショーで関係者がはしゃいでました。実際どういう編集の違いがあるかを知るにはいい企画だったと思います。
というかですね、「京都ゾンビ」と銘打つほどのものじゃないやん!
「ゾンビ」以外はゾンビ映画じゃないし。でも面白かったから別にいいけど。

以下全体の感想。総論みたいな。
実はそんなにゾンビは怖くない。
もともと恐怖は根源的な感情ではあるが、繰り返したら「慣れ」が出てきて、恐怖が薄れてしまいます。その上で、もっと免疫がないときに見たかったなあ・・・と後悔しました。
メニューの順番は、けっこう適切だと思います。
「ゾンビ」を観る、知る→「キャビン~」でゾンビつながりの可能性を知り、特殊メイクを楽しむ→「恐怖の~」でアイデアとしての古典作品を観る→改めて「ゾンビ」別バージョンを観較べる
中2作は「ゾンビ」を知るための手がかりみたいになってますね。
主催者は手練れですなあ。観やすかったです。

次回に続く。
[PR]
by murkhasya-garva | 2005-10-17 01:39 | 映画