休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

弥次喜多&エターナルサンシャイン

もう機を逸しているような気もしますが、今回は2本分の感想のみで行きます。

「真夜中の弥次さん喜多さん」
b0068787_17451.jpg










個人的なマイナーもの好きも手伝ってかこの作品、好きな部類には入るんですが、これを1本目に持ってくるのは、ちょっとな~!?という感じの作品です。あまりに笑いのテンポが、悪ノリに近いんでしょうね。もちろん悪ノリではないんでしょう。
笑っていたらいつの間にかシリアスな雰囲気になっていたり、特に喜多さんのヤクでイった精神状態、過去のトラウマなんてある意味見ものだったりします。とはいっても後半はおおよそシリアスなテーマに持っていかれてしまうので強制的にトーンダウンするんですが。

でも、しりあがり寿も宮藤官九郎も天才だと思う。前半のノリ騒ぎの演出には、思わず吹き出してしまうところは満載です。中村七之助、長瀬智也の「てやんでえ!」「べらんめえ!」の掛け合いにしても、追っかけの「おひけえなすってッ」にしても。ああいう軽いノリの笑いも好感が持てます。
後半ではしりあがり寿の死生観がいい感じに仕上がっています。三途の川のくだりは感動しました。あんな考え方する人もいるもんだなあ・・・ただ魂がみんな荒川良々だってのはやだ。あの顔で「あんたぁ~」なんて言われてもぐっとこねえや。

ビジュアルも演出も、独特の雰囲気を持っていて監督の才能を感じさせるんですが、こりゃあ皆が言うように賛否両論分かれますわ。この雰囲気についてこれる人はいいんですが・・・。


「エターナル・サンシャイン」
b0068787_0493675.jpg

オフィシャルブログ
オフィシャルサイト(英字)


全米で大絶賛を受けたというこの作品。ストーリー仕立てはいたってシンプルなんですが、その特殊な設定のもと、垣間見られる人の心の揺らぎが繊細に描かれていて、感動の余韻を残してくれる良い作品だと思いました。
主演は「マスク」で一躍有名になったジム・キャリー。その後も何作かコメディを作っているものの、ある時期からヒューマンコメディに移っているようです。それからは興味を失って全然観なくなってたけど、これはいい。切なさが残るんですね。

ジム・キャリー演じるジョエルは、内気で無口な青年。一見、これがあのジム・キャリー?と目を疑ってしまいました。ジョエルが別れた恋人の記憶から自分の存在を消されたと知ってショックを受け、自分も記憶を消してもらおうとするんですが、後になって自分の記憶の中で必死に彼女を消されないようにあがく姿、記憶に残った彼女との逃避行は胸に迫ります。
せめて心の中の彼女は失いたくない。なんとも泣けるじゃないですか。愛する相手が自分の中で美化されているとはいえ、それを失うのは辛いことです。昔見たようなオーバーアクションはありませんが、雰囲気が伝わってきます。

それを取り巻くラクーナ社の社員のはしゃぎっぷりや、人間模様もなかなか興味深いものです。SF的な設定なのにこういうリアルなシーンが織り込まれることで現実感がぐっと増します。イライジャ・ウッド演じるパトリックもあざといキャラでいい感じになっています。
ラストははっきり締めるでなく、おおよそ観客が分かっているだろう結末を想像に任せる、という方法が感動させます。やっぱラストあたりが一番好きですね。崩れる家で、クレメンタインが残す最後の台詞とか。なかなか抜け目のない作品だと思いました。
もう一回見て感動をもう一度味わいたいと思わせます。オススメできます。

*今回「エターナル~」の公式サイトは発見できませんでした。出会い系サイトに乗っ取られているような感じ。何だこれ。
[PR]
by murkhasya-garva | 2005-08-29 00:32 | 映画