休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

シベ超すごい

昨日のはひどい。何かキモイですがもうしばらく残しておこうかと思う。

というわけで(でもないけど)、今回の映画は、

「シベリア超特急2」
噂のカルト映画と名高いシベリア超特急を見てまいりました。
なんと5作目が出るということでその映画館ではシベ超(と略するらしい)2と3を一緒にやっていたのです。
ヤングジャンプではマイク水野(水野晴郎)監督がインタビューを受けていました。
何でもシベ超2は超特急なのに特急の映像はただの一つも出ないという摩訶不思議な作品らしい。
しかも監督自らその他のミスのような場所
(他の映画だったら絶対鬼の首取ったかのように叩かれる点)を
確信的に認めている。。。
一体何を考えているんだ!!
と怒りたくなるような代物ですが、シベ超だからいいんです!
あれは「確信的駄作」そして「革命的駄作」なのです。
その内容とは一体どんな内容なのでしょうか。

まず水野監督が主役で出ておられます。
女優さんたちも大御所級の方々ばかりです。
・・・・・・!!!!!!!!!!!!!????????????
ちょっと待て。俺は文化映画(内容はともかく役者が超イモの映画のこと)を見ているのか?
監督!大将(水野大監督)がイモ過ぎて開いた口がふさがりません!
女優さんたちが皆して演技過剰です!
展開が2転3転して腰が抜けそうです!
後で水野監督じきじきに「あの場面は名作のオマージュだ」とか言ってます!
スタッフロールのうしろでカーテンコールやってます!
あまりに、あまりにわざとらしい演技の数々・・・
見終わってから思いました。
これはただの駄作ではない。全てが飽和状態を超越した革命的駄作である、と!
僕はもうこれ以上の賛辞の言葉を思いつきません。
あえて言えば、何度も気を失いそうになりながら最後まで見ることができた自分をほめてあげたいです。

刺激が強すぎてお勧めできない作品ランキング暫定1位となりました。合掌。
[PR]
by murkhasya-garva | 2005-05-31 10:22 | 映画