休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ビームとバンチと

コミックビームが何で好きなのか考えてみた。

コミックビームの特徴・・・
①大衆受けしそうな作品があんまりない。
②アマチュアに毛が生えたような読み切りをしょっちゅう出している。
③レギュラー連載陣もたまに自家中毒起こしそうになってる。
④ほとんど皆好きなネタで描いている。
⑤「エマ」が全体の中で平均的に一番面白い。
⑥福島聡、しりあがり寿がけっこう有名。

などなど個人的な感想まがいのことを言ってみる。ほめてないじゃん。
ではコミックバンチと比較してみよう。

コミックバンチの特徴・・・
①かつての有名作家が顔になって気を吐いている。
②若手は大衆受けしそうなのを描こうとしているのにいまいちノれない。
③20年位前のジャンプ世代向けの内容。狙いが社会人層くさい。
④よく覚えてないけど社会人向けのビジネスジャンプ、オールマンから来た漫画家がいたような気がする。
⑤笑いのツボが(自分にとっても)10年はずれている。
⑥意外なマンガが生き残っている。

全然ほめてないよ。
世代的なズレというのは大きいんではないかな。
おれが前者を好んで読むのもそこに原因があるような気がしてならない。好きなことをやっていてそれでも面白いのは少なくともどこかに共感できる感覚があるからだろう。
現に羽生生純の「恋の門」といいしりあがり寿の「真夜中の弥次さん喜多さん」といい立て続けに映画化されている。
一般的傾向からもコミックビームのほうが注目されているのかね。

つまり、好みの問題であると!(おいおいなし崩しだよ……)b0068787_05024.jpg
[PR]
by murkhasya-garva | 2005-04-23 00:07 | 活字・マンガ