休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

春の訪れ

新しく春の訪れを感じる。
些細なことで気付くものだ。

服がいつのまにか軽装になってきたり、道に人通りが多くなってきたり、そのようなことが決定的に春の訪れを感じさせる。
東京の春風も本当に気持ちが良かった。
春を感じたのは部屋に新入寮生が入ってくるという連絡が来たとき。

同居人にすでに連絡をしていたのに、改めておれにも電話をよこしてきた。
同居人の話のとおり、ぼそぼそとした声で、こっちが話を振らないと全く進まない。
別に頭が悪そうではないのだけど、コミュニケーションを取るのが不得手そうな印象をうけた。
こりゃやりづらい時期が長く続くな・・・少し心配にもなるよ。
多分こんな性格だからおれのところに電話よこしたのも、親がそうしろと言うのをしぶしぶ受けてのことなんだろう。ああ、ますますやり辛そうだ。。。

自分も確かに入寮する時は彼と同じだったような気がする。
頭に入っているのはぬか味噌で、「考える」ということができなかった。
鈍重な牛のように。

そんな以前のおれに似たような奴を相手にすると思うと少し気が重くなる。
過去の自分を見るのは本当に気が滅入る。
いったいどんなのがやってくるんだろう。
[PR]
by murkhasya-garva | 2005-03-28 22:51 | ほぼ日記