休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

三国志/グロコス

最近のマンガについて。。
三国志ものが増えてる。
梶原一騎だっけ、「項羽と劉邦」描いてたね。
今では「蒼天航路」が一番有名か。「龍狼伝」もか。
ほかにもチャンピオンで、マガジンで、そしてスペリオールでやってる。
マガジンは「覇王の剣」、
チャンピオンでは「さんごくし」…まんまやんけ。
スペリオールでは「覇~LORD~」。
ジャンルで分けるとどれが面白いか比べやすいけど、やっぱこの中では「蒼天航路」だろ。

(以下うろ覚え)
「覇王の剣」書いてた人は何年か前にサッカーもの描いてたような。
興味もなかったのでタイトルすら覚えていない。その後にアッパーズで出た「史上最低のレガッタ」は多少面白かったけど、いつの間にかなくなっていた。
あれですね。インパクト薄
「さんごくし」の人はやっぱりチャンピオンでちょっと前にやってた気がする。
「覇」を描いてるのは一番有名な人でしょ。池上遼一だっけ。
よくしらんけど、「I・餓男ボーイ」「サンクチュアリ」「HEAT」など。
ほかにもなんかあったけど思い出さん。
絵はきれいなのに、マンガとして下手だとよく言われる。躍動感がないからだとか何とか書いてた本があった。面白いと思うけどね。



グロコスが遂に終わってしまった。ショック。
モーニングでやってた。以前はアクションで、今ではイブニングで「闘鶏」やってる。
この終わり方は…①打ち切り
           ②作者が疲れたか飽きた
           ③もともとこういう終わらせ方  どれでしょう。
①をまず疑うんだけど、それなりにうまくまとめているような。
②はあんまりありえな…くもない。一時期連載に間があいたことがあったような。
エスケープですか。藤沢とおる(GTO)のように。ほんとかどうかは知らん。
③も捨てがたい。というのも、なんだか紐解かれた壮大な一篇の伝説のような仕上げ方になっているから。別に③でも納得する。
さて、真相は?


あーーー、今月のコミックビームをまだ買っていませんでした。
おしゃれ手帖第8巻も買っていませんでした。
カレカノとか美女が野獣もそろそろ誰かが買っていることでしょう。
ともあれ明日は本屋に急行だ!
おめでたいね!
[PR]
by murkhasya-garva | 2005-03-13 23:45 | 活字・マンガ