休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アリス・イン・ワンダーランド


アリス・イン・ワンダーランド(2010)
b0068787_133797.jpg
幼い頃に妙な生き物が出る夢をよく見ていたアリス。あれから成人した彼女は、またあの白ウサギが飛び跳ねているのを目にする。アリスは再び白ウサギを追い、「不思議の国」へと旅立つのだが…




不思議の国のアリスはこれまでに何度か映画化されてきた。知っている限りでも2,3作が思い出される。特に印象に残っているのはヤン・シュヴァンクマイエルの『アリス』だ。本作品はタイトルからだと原作の単なる映像化と思われるが、実際のところ、いわゆるアリスの“後日譚”に当たる。原作では続編に『鏡の国のアリス』などがあるがそういったのは抜きにして、「不思議の国を体験したアリス」が主人公である。

ティム・バートン監督作品に多くみられることだとは思うが、本作品もまた、一面的な見方をするのがもったいなくなるような内容だ。小さい子でも十分に楽しめるし、あるいは教訓めいたこと(例えば“夢を抱き続けていれば云々”)を抽出することもできる。さらには批評的分析にも堪え得る強度を持ったものだとも思う。だからこそ滅多なことは言いたくないし、簡単に一括りにすることの貧困さが痛感される。あえてこう言おう。面白いのが一番だ、と。

本作は、いちいち説明を加えず観客を物語に引き込む力がある。アリスという有名な作品を下敷きにし、それを観客も知っている、という前提のもとに作品を積み上げている。そのため理解しやすいのかもしれない。または、原作が本来持っている幻想の強度が作品を支えているのかもしれない。気付いた時には、観客は、物語の展開を、主人公の運命をじっと見守ってしまっている。まるで「夢」のような時である。目覚めもよく、活力さえも与えてくれる。

その言葉少なな中で、いくつかのキーワードが登場人物の口から発せられる。それはアリスの迷い込んだ世界が一体何であるかを理解するための手掛かりとなってくれる。一度訪れたことのあるこの世界は、では彼女にとってどのような意味をもって体験されているのか。そのうえで原作の流れをなぞるとはどういうことなのか。「運命」と呼ばれた彼女の筋書きは、本当に「運命」なのか。ここを考えるのが、作品を理解する上での要となってくるだろう。

また、忘れてはならないのが、ジョニー・デップの存在。彼はマッドハッターに扮して現れている。この有名俳優が配置された役柄に求められたものは何なのか。私は、今回一つのシーンが印象に残っている。彼が赤の女王から受けた悲惨な過去を語り、その場所がまさに彼の今いる所であることに言及する。「そう、ちょうどここだった…」これは単なる都合の良さで説明できないものがある。彼が語ることで、逆に世界が生み出されているのだ。この感覚は、不思議の国のアリスという原作全体からも感じられる。全てが、語ることで、気付くことで、生み出される。それは意識的な行為によるものではなく、自身がいかんともしがたい体験が意図せずして湧き上がり、そして形をなす。これは狂気の世界だ。この役柄をこなすには彼の演技が必要で、彼を起用したのはつまり、それだけ本作品にとってマッドハッターの“狂気”が重要なファクターだったとしたら?

アリスの夢の世界(「不思議の国」)もまた、彼女が意図せぬものである。アリス自身は「これは自分の夢なのよ」と言っているのにも関わらず。彼女は、これを体験しなおすことで自身の指針を見出す糧としている。この一連の作業は、トラウマの回復としても理解できるだろう。つまりアリスは自分自身の狂気、あるいは不思議な世界を体験し、知ることで現実を生きて行く力を身につけて行くのだとも言うことができよう。自身の狂気を知り、信じて生き続けることが大きな力を生む、と言われているようにも感じる。

・・・・・・でもよ、ここまで色々言っててなんだけど、こんなこと言ったって全然面白くねえだろう?
下手な分析、解釈は押しつけがましい教訓に良く似ている。少なくともこの作品について何か言いたいのなら、この世界観を自分が夢みるまで刻みつけることから始まるのではないか?
[PR]
by murkhasya-garva | 2010-05-05 01:33 | 映画