休止中。


by murkhasya-garva
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

バーダー・マインホフ 理想の果てに

『バーダー・マインホフ 理想の果てに』(2008)
b0068787_0524053.jpg

シネマライズにて8月第2週に鑑賞。その後、製作会社のムービーアイが倒産したという情報あり。関東では上映されるものの、関西ではきわめて難しいのだとか…今回も「関西では上映が遅れそう/なさそうな映画」で選んだのだけどドンピシャ。切ないね。



『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(2007)や他にもあったような気がするが、革命運動などが題材の作品が世界的にポツリポツリと上がってきているのは決して気のせいではないだろう。そのような機運が盛り上がってきている、とも言える。その前にはソクーロフ監督の『太陽』(2005)、李纓監督の『靖国』(2007)など、ドイツでも『善き人のためのソナタ』(2006)などじわじわと上がってきていたようだが…。

最近のホットな話題で言うと、民主党が政権取っちゃいますね。その内容はともかく、国民の怒りが政治に届いた!と一部の方は息巻いておられるようですが、その実どうなんでしょう。彼らは常に怒りを持って社会に問いかけることが真の目的であるようにも思われるのです。実際に、革命が全国的に波及し、政権転覆!という状態に今まで日本は至ったことがないし、今後そうなるのもまだまだ先のようでもある。つまり、個人的には革命、改革の真価のはその行為自体なのであって、“失敗”の連続でなければならない、という印象があるのです。

さて本作は、ドイツ赤軍と後に呼ばれる若者の過激な反体制活動を描いたものです。キャッチコピーは「世界は変えられると信じていた――」と何だか遠い目をしておられますが、この視点はあながち間違っていないのではないでしょうか。本作が『実録・連合赤軍』のごとくグループの壊滅までの足取りを描いているということからも、本作がこういった運動に対して回顧的で、批判的な見方を持っていると考えられます。

しかも原題がすごい。〈THE BAADER MEINHOF COMPLEX〉……“バーダー・マインホフ・コンプレックス”?心理学では「コンプレックス」とは何らかの感情によって統合された心的な内容の集まりのことなのだけど、つまりタイトルから、首謀者であったアンドレアス・バーダーとウルリケ・マインホフの存在をめぐって、何らかの感情的な動きが働いていた、と言っているのでしょうか?精神分析の創始者であるフロイトがドイツの人間だったことからも、製作者の思惑はきわめてシニカルに感じられます。

<バーダー・マインホフ>グループの動きは初めからやたら忙しいのです。ウルリケ・マインホフ(マルティナ・ゲデック)の旦那はメディアによる煽動者かと思っていたら浮気してウルリケに愛想尽かされるし、リーダーかと思われたルディ・ドゥチュケ(セバスティアン・ブロンベルグ)もあっさり撃たれて表舞台には出なくなる。あれよあれよという間にアタマが変わっていって、最終的に落ち着くのがウルリケ・マインホフとアンドレアス・バーダー(モーリッツ・ブライプトロイ)。理知的な女性と感情的な男性。しかも男の方にはグドルン・エンスリン(ヨハンナ・ヴォカレク)というこれまたリベラルで挑発的な女がついてくるのです。困ったものです。

この作品の面白さは、彼らの破滅の道を淡々と追っているという点、そして彼らの投獄を受けて第2世代、第3代が彼らの意図を離れてさらに過激へと突き進んでいく、という点にあります。ここには何か狂気めいたものがあります。もちろん、ウルリケ・バーダー・エンスリンが奇妙な感情的対立に陥るのだけでも十分に興味深いのだけど、第2,3世代のRAF(Red Army Faction)の異常さとそれに対する彼らの複雑な感情、それらがこき混ざって蠢いているのを見ていると、さもありなん、という思いと同時に何やら暗澹とした気分に襲われます。

本作には、若松監督が連合赤軍の姿を肉薄して描こうとした「誠実さ」とは異なるものがあります。それは、確かに現代への警鐘という意味で共通するのだろうけど、リーダーたちの迷走もメンバーたちの暴動も、もはや手のつけられない状況――狂気の中にあったことを浮き彫りにするこの作品からは、近親憎悪とも言えるようなものを感じます。現地では絶賛されたという本作は、恐らくその一方で心理学者だけでなく関心をもつ人たちの格好の分析対象になったのではないでしょうか。
[PR]
by murkhasya-garva | 2009-09-07 00:56 | 映画